ソウル大学開発の自動運転車 都心で自動走行テスト

入力 : 2017-06-22 13:05:20 修正 : 2017-06-22 13:05:20

ソウル大学開発の自動運転車 都心で自動走行テスト

ソウル大学が開発した自動運転車が22日、ソウル汝矣島(ヨイド)の一般道路で自動走行テストを行います。
韓国で自動運転車が都心の一般道路を走るのは初めてです。
自動走行するのは、ソウル大学が開発した自動運転車「スヌーバー(SNUver)」で、2015年11月に初めて公開されて以来、改良を重ね、第3世代バージョンとして製作されたものです。
車両、歩行者、車線、信号、道路標識などの認識・判断性能を向上させることに重点を置いて開発され、狭い道路やトンネル、工事区間なども走ることができます。
ソウル大学は、今年末まで週2回、汝矣島で走行テストを行う予定で、走行中に収集される各種データをもとに、現在の交通インフラや交通ルールが自動走行に適しているかについての検証も行うとしています。
一般市民も試乗テストに参加できます。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>