気象庁 地震通知サービスを改善

入力 : 2017-06-27 11:38:44 修正 : 2017-06-27 15:26:56

気象庁 地震通知サービスを改善

来月3日から、地震の発生から早期警報の発表までにかかる時間が、25秒以内に短縮され、緊急災害文字メッセージも1分以内に送られるようになります。
気象庁は26日、「地震通知サービスの改善事項」を発表しました。
それによりますと、マグニチュード5.0以上の地震が発生した場合に行われる「早期警報」を、いまの50秒以内から25秒以内に短縮するということです。
またマグニチュード3.5以上5.0未満の地震が発生した場合に行われる「地震速報」を、いまの5分以内から100秒以内に短縮します。
さらに、国民安全処による「緊急災害文字メッセージ」を国民が受信する時間も、マグニチュード5.0以上の場合、1分以内になりそうです。
これまでの緊急災害文字メッセージには、発生時刻、位置、規模などの情報が盛り込まれましたが、これからは震度や震源の深さなどの情報も含まれます。
今回のサービスの改善は、去年9月に慶州で発生した過去最大のマグニチュード5.8の地震で、地震情報の通知の問題点が指摘されたことを受けたものです。
気象庁の関係者は、「国民が感じる不安や、地震による被害を最小限に抑えるため、正確さより迅速さを重視した通知システムに改善する」と説明しています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>