気象庁 「4回目の核実験より11倍・5回目より5-6倍程度の威力」

入力 : 2017-09-03 17:24:50 修正 : 2017-09-03 17:24:50

気象庁 「4回目の核実験より11倍・5回目より5-6倍程度の威力」

3日午後0時半ごろ、北朝鮮北東部で発生したマグニチュード5.7規模の人工地震について、韓国の気象庁は、過去の5回の核実験の地域と同じ場所で行われ、規模によるエネルギーを比較すれば、4回目より11.8倍、5回目より5-6倍程度の威力だと分析しています。
これまでの核実験で観測された揺れの規模は、1回目(2006年10月9日)はマグニチュード3.9、2回目(2009年5月25日)はマグニチュード4.5、3回目(2013年2月12日)はマグニチュード4.9、4回目(2016年1月6日)はマグニチュード4.8、5回目(2016年9月9日)はマグニチュード5.0でした。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
RSS 配信
  • RSS 配信
  • RSSリーダーやRSS対応ブラウザを使うことで、最新ニュースの更新情報を素早くチェックできます。

<

3 / 4

>