江南大路の舗装材にPM2.5対策

入力 : 2018-06-28 11:56:05 修正 : 2018-06-28 11:56:05

江南大路の舗装材にPM2.5対策

ソウル市は、28日、江南大路(カンナムデロ)にPM2.5=微小粒子状物質などの大気中の粒子状物質発生の原因となる窒素酸化物を浄化する機能を持つ「光触媒」を活用した道路舗装工事をしたと発表しました。
この工事は、良才(ヤンジェ)駅のバス停留場の往復8車線、150メートル区間に対して施されました。
光触媒は、光を受け入れ窒素酸化物など汚染物質を分解して吸収する働きをし、大気浄化、抗菌、消臭など多様な分野に使われています。
韓国では2010年から、道路上の一部のコンクリート施設物にテストとして施されましたが、アスファルト道路舗装に導入されたのは今回が初めてです。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
KBS World Radio Mobile
  • KBS World Radio Mobile
  • 11の言語によるニュースや放送番組のコンテンツのほか、これまで別途提供していたサービス(ストリーミング放送、ポットキャスト、韓国語を学ぼう...

<

1 / 4

>