サッカー韓国代表監督解任 W杯予選で不振続き

入力 : 2017-06-15 15:26:14 修正 : 2017-06-15 17:46:40

サッカー韓国代表監督解任 W杯予選で不振続き

韓国サッカー協会は、15日、技術委員会を開き、ワールドカップ・アジア最終予選で成績不振を理由に代表チームのシュティーリケ監督の解任を発表しました。
シュティーリケ監督は、2014年9月に就任し、2015年1月のアジアカップの準優勝、その年8月の東アジアカップで優勝に導くなどの業績を残したものの、来年のワールドカップロシア大会の最終予選で不振が続いたため、解任となったものです。
また、サッカー協会の李容秀(イ・ヨンス)技術委員長も責任をとって、辞任するとしています。
後任候補は、新しい技術委員会が指名するとしていますが、韓国メディアでは、 許丁茂(ホ・ジョンム)元監督らの名前が挙がっています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>