ビクトル・アン 「平昌五輪に個人資格で出場したい」

入力 : 2017-12-07 10:05:04 修正 : 2017-12-07 14:31:53

ビクトル・アン  「平昌五輪に個人資格で出場したい」

IOC=国際オリンピック委員会が、現地時間の5日、来年2月に韓国で開かれる平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックに、国家ぐるみのドーピングが指摘されているロシアを国としては参加させない方針を決めたことについて、スピードスケート・ショートトラックのロシア代表、ビクトル・アン(韓国名、アン・ヒョンス)が、個人の資格で2018平昌冬季オリンピックに出場したいと述べました。
ビクトル・アンは、6日、ソウルの韓国体育大学のアイスリンクで行われたロシア代表チームのトレーニングの前に、取材陣と会い「ロシア当局が平昌オリンピックへのボイコットを宣言しなければ、個人の資格で平昌オリンピックに参加したい。平昌オリンピックに向けて4年間準備してきた。諦められない」と述べました。
ロシアショートトラック代表チームの他の選手らも、ビクトル・アンと同じ意見だとされています。
ロシアがボイコット宣言をしても、選手の出場を強制的に禁止することはできませんが、当局の反対を押し切ってまで出場を強行すれば、ロシア国内で非難にさらされる可能性が高いとみられます。
ビクトル・アンは、韓国代表アン・ヒョンスとして、2006年トリノオリンピックで3つの金メダルを獲得しました。その後、けがやチーム内部での葛藤などの 影響で、2010年のバンクーバーオリンピックには出場できず、その後韓国代表選抜にも落ちましたが、そこからロシアに帰化し、ビクトル・アンとして2014年再び3冠ととなりました。
一方、ロシアのプーチン大統領は、現地時間の6日、来年平昌冬季オリンピック出場をボイコットするつもりはないと明らかにしました。 

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio Mobile
  • KBS World Radio Mobile
  • 11の言語によるニュースや放送番組のコンテンツのほか、これまで別途提供していたサービス(ストリーミング放送、ポットキャスト、韓国語を学ぼう...

<

1 / 4

>