平昌冬季五輪の聖火リレー 13日からソウル巡る

入力 : 2018-01-12 11:15:45 修正 : 2018-01-12 13:46:09

平昌冬季五輪の聖火リレー 13日からソウル巡る

来月9日から開かれる平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックの聖火が13日、ソウルに到着します。
ソウル市が11日、発表したところによりますと、聖火は13日から16日まで、元サッカー韓国代表監督のチャ・ボムグン氏や俳優のチャ・スンウォン、パク・ボゴムら著名人や一般の市民の走者600人あまりによって市内の4つのコース、合わせて103キロを巡るということです。
聖火は、去年10月にギリシャのオリンピア遺跡で採火され、11月1日に仁川(インチョン)空港に到着し、済州(チェジュ)、釜山(プサン)、光州(クァンジュ)、大田(テジョン)、世宗(セジョン)、大邱(テグ)、京畿(キョンギ)南部、再び仁川を巡って、ソウルに到着します。
ソウルを巡ったあとは、京畿北部を経て開催都市の江原道(カンウォンド)に向かうことになります。
韓国国内での聖火リレーの総距離は2018キロで、101日間にわたって7500人の走者が参加します。
ソウル市は、4つのコースのゴール地点で多彩なイベントを行い、オリンピックの雰囲気を盛り上げる方針です。
一番の見どころは、ソウル中心の光化門(クァンファムン)広場で13日に行われる「御駕(オガ)行列」によるリレーで、伝統衣装を着た300人あまりの文武百官や楽隊が王様が乗る神輿とともに練り歩く行列が再現されます。
また、14日、蚕室(チャムシル)総合運動場、15日、国立中央博物館、16日、汝矣島(ヨイド)漢江公園でもイベントが行なわれ、漢江公園では花火も打ち上げられます。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
ポッドキャスト
  • ポッドキャスト
  • KBS WORLD Radioの番組をMP3ファイルでダウンロードし、いつどこででも聴くことができます

<

4 / 4

>