シン・ウィヒョンがクロスカントリーで銅 韓国勢初のメダル

入力 : 2018-03-11 14:15:50 修正 : 2018-03-11 14:18:21

シン・ウィヒョンがクロスカントリーで銅 韓国勢初のメダル

平昌(ピョンチャン)パラリンピックは3日目の11日、クロスカントリー男子15キロ座位(シッティング)が行われ、開会式で韓国選手団の旗手をつとめたシン・ウィヒョン(37)が42分28秒9で銅メダルを獲得し、今大会韓国勢初のメダリストとなりました。
1位はウクライナのマクシム・ヤロビー、2位はアメリカのダニエル・クノッセンでした。
冬季パラリンピックは初めての出場となった北韓のマ・ユチョルは26位、キム・ジョンヒョンは27位でした。
シン・ウィヒョンは金メダルが期待されていた10日のバイアスロン男子7.5キロ座位(シッティング)では5位にとどまりましたが、さらにバイアスロン12.5キロと15キロで追加のメダル獲得に挑みます。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
KBS World Radio Mobile
  • KBS World Radio Mobile
  • 11の言語によるニュースや放送番組のコンテンツのほか、これまで別途提供していたサービス(ストリーミング放送、ポットキャスト、韓国語を学ぼう...

<

1 / 4

>