野党「正しい政党」 統合派が離党 open the window of AOD

入力 : 2017-11-12

Title

野党「正しい政党」の金武星(キム・ムソン)議員、朱豪英(チュ・ホヨン)院内代表など9人が6日、離党を宣言しました。
いずれも保守勢力の統合を主張してきた「統合派」の議員です。
9人は声明で、「保守勢力が分裂し、文在寅政権の暴走を傍観している」としたうえで、「大韓民国の未来のために保守勢力は理由を問わず統合すべきだ」と主張しました。
「正しい政党」は朴槿恵前政権で与党だった「セヌリ党」、現在の「自由韓国党」から離党した議員を中心としてことし1月に結成されました。
来年の地方選挙を前に、党内では「自由韓国党」との統合を主張する声が出ていました。
第1野党「自由韓国党」がこのほど、朴槿恵前大統領の除名を決定、清算と刷新に向けて動き出したとして、統合派9人が「自由韓国党」への入党を宣言。9日に「自由韓国党」への入党手続きをとりました。
9人が「自由韓国党」へ入党したことで「自由韓国党」の議席数は107議席から116議席に増えましたが、「正しい政党」の議席数は20議席から11議席に減り、日本の院内会派に相当する院内交渉団体の地位を失いました。
今後も離党する議員が出るものと見られます。
「正しい政党」の統合派議員らの離党の影響は第2野党「国民の党」にも及んでいます。
「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表は「正しい政党」との政策連帯を進めるとしていましたが、「正しい政党」が事実上分裂し、座礁した形となりました。
党内では、安哲秀代表が「正しい政党」との政策連帯を無理に進めようとしているとして批判し辞任を求める声が出るなど内紛の兆しさえ見えています。
こうした動きが大々的な政界再編につながるかどうか関心が集まっています。
「正しい政党」が院内交渉団体の地位を失ったことから、国会は4党体制から3党体制に変わりました。
第1野党「自由韓国党」の議席数が増え、与党「ともに民主党」との差は5議席になりました。
「正しい政党」を離党して「自由韓国党」に入党する議員が増えれば、第1党が与党から野党に変わる可能性もあります。
与党「ともに民主党」が「国民の党」との政策連帯を進める可能性もありますが、「国民の党」が内紛に陥ればそれも難しくなります。
政界再編の動きは当分は不透明な状況が続きそうです。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
RSS 配信
  • RSS 配信
  • RSSリーダーやRSS対応ブラウザを使うことで、最新ニュースの更新情報を素早くチェックできます。

<

3 / 4

>