今、話題の韓国スポーツ選手と監督 open the window of AOD

入力 : 2018-02-04

Title

韓国テニスの新鋭・鄭現(チョン・ヒョン)とサッカーベトナム代表監督の朴恒緖(パク・ハンソ)さんが話題になっています。
ことし21歳のチョン・ヒョンは、このほどオーストラリアのメルボルン行われた全豪オープンで準決勝に進出しました。
4回戦で全豪オープンで6度も優勝したことがあるセルビアのノバク・ジョコビッチをストレートで破りベスト8を決め、準々決勝ではアメリカのテニーズ・サンドグレンにストレート勝ちし、韓国勢として初めて4大大会の4強入りを果たしました。
準決勝では世界ランク2位のスイスのロジャー・フェデラーと対決、第2セット途中で足のけがで棄権して敗退し、決勝進出はできませんでしたが、自身初のグランドスラムベスト4を成し遂げました。
この大会、チョン・ヒョンより世界ランクが下だったのは97位のアメリカのテニーズ・サンドグレンだけでした。
それだけにチョン・ヒョンの全豪オープン準決勝進出は誰も予想していなかった快挙でした。
チョン・ヒョンは2014年にプロ転向、2015年のマイアミ・オープンでツアー本戦に初出場し、初戦でマルセル・グラノリェルスに勝利、ウィンブルドンでグランドスラム本戦初出場を果たし、全米オープンの1回戦でジェームズ・ダックワースに勝利、グランドスラム初勝利をあげました。
2015年は世界ランク51位に上がりましたが、2016年は腹筋を痛めてツアーを離脱、一時は世界ランク146位まで下がりました。
2017年に復帰し、バルセロナ8強、ミュンヘン4強と活躍し、全仏では日本の錦織圭と死闘を演じて話題になりました。
今大会が終わったあと、世界ランクは29位に上がりました。
チョン・ヒョンは日本の錦織圭について、「アジアの選手は皆、錦織選手を目指し、一生懸命追いかけている。彼はアジアの誇りです」と語っています。

もう一人話題になっているのはサッカーベトナム代表監督のパク・ハンソさん(59)です。
パク・ハンソ監督は2002年の韓日ワールドカップで韓国代表ヘッドコーチを務め、その後は2017年までKリーグの慶南FC、全南ドラゴンズ、昌原FCなどの監督を務め、2017年9月からベトナム代表監督を務めています。
ベトナム代表はこのほど中国で開催されたAFC主催U-23選手権2018で、史上初の準優勝を果たしました。
ベトナム代表の準優勝は誰もが驚く快挙でした。
決勝はウズベキスタンに惜しくも敗れましたが、試合後、多くのベトナム国民は、「ベトナムの誇り。我々にとってはチャンピオンだ!」と称えました。
ベトナム代表が1月28日に帰国した際には空港から国会議事堂前まで2階建てオープンバスに乗って首都ハノイ市内をパレード、沿道には数百万人のファンが詰めかけて代表を迎えました。
国会議事堂では、グエン・スアン・フック首相が出迎え、パク・ハンソ監督率いるベトナム代表に表彰状を授与しました。
ベトナムのメディアはパク・ハンソ監督のリーダーシップを賞賛しています。
AFC主催U-23選手権準優勝はベトナムはもちろん東南アジアの国としては最高の成績です。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>