決勝T進出ならずもドイツに勝利 open the window of AOD

入力 : 2018-07-01

Title

W杯ロシア大会、韓国は27日、前回大会覇者のドイツとの試合で、2-0で勝利しました。
韓国は1次リーグ第2戦まですでに2敗を喫していて、決勝トーナメント進出は難しいとされていました。
ドイツに2点差以上で勝てば、同じF組のメキシコとスウェーデンの試合の結果によっては決勝トーナメントに進出する可能性を残していましたが、その可能性は1%未満とされていました。
結局、ドイツに2点差で勝利したものの、スウェーデンがメキシコを3-0で破り、韓国はドイツとともに決勝トーナメント進出は挫折し、メキシコは韓国がドイツに勝利したことでスウェーデンとともに決勝トーナメントに進出しました。
韓国は勝ち点3でドイツと並びましたが、得失点差でドイツを上回り3位でした。
ドイツとの試合は予想を覆す最大の番狂わせでした。
ドイツは前回大会の覇者で、FIFAランキング1位、韓国は52位で、前回大会では1勝も挙げられませんでした。
韓国がドイツに2点差で勝利すると予想した人はほとんどいませんでした。
韓国はこの試合、守備重視でドイツの攻勢を防ぎ、FW孫興民を中心としたカウンターで対抗しました。
前半と後半ともに決定的な場面はさほどありませんでしたが、後半ロスタイム3分に左コーナーキックのこぼれ球を金英権が押し込んで先制、その3分後には攻め上がっていたドイツのGKノイアーからボールを奪い、前線へ走り込んだ孫興民が無人のゴールに入れて追加得点しました。
ドイツは26本ものシュートを放ちましたが、韓国の守備を破ることはできませんでした。
ドイツは1954年のスイス大会から16大会連続で決勝トーナメントに進出していて、1次リーグで敗退するのは初めてです。
ドイツは2002年の韓日大会から前回ブラジル大会まではいずれも準決勝以上に進んでいました。
前回大会覇者が1次リーグで敗退したのは、2010年南アフリア大会のイタリア、14年ブラジル大会のスペインに続いて、これで3大会連続です。
ドイツは前回大会覇者の1次リーグ敗退のジンクスを破ることができず、一方の韓国はW杯でドイツを破った初めてのアジアの国となりました。
韓国はドイツ戦に先立ってすでに2敗を喫していて重苦しい空気が漂っていましたが、ドイツとの試合で予想外の勝利を収め、決勝トーナメント進出はならなかったものの、ファンは歓喜しました。
前回大会で韓国は1勝も上げられず、チームの帰国の際に空港内でファンが「韓国サッカーの葬式」を行うなどしましたが、今大会ではドイツに勝利したことでこうした状況は免れそうです。
決勝トーナメント進出を逃した失意と金星を挙げた喜びが交錯する中、メディアは、韓国のサッカーはまだ世界的な水準には及ばないものの、ドイツとの試合で勝利したことで十分な可能性を秘めていることを伺わせたと評しました。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
ポッドキャスト
  • ポッドキャスト
  • KBS WORLD Radioの番組をMP3ファイルでダウンロードし、いつどこででも聴くことができます

<

4 / 4

>