<![CDATA[News - Japanese [KBS WORLD Radio] | サイエンス]]> 15 ja <![CDATA[固体燃料エンジンのロケット 2024年打ち上げへ]]> 国防部と科学技術情報通信部は、韓国の独自技術で開発した固体燃料エンジンを搭載したロケットを2024年ごろに打ち上げる計画を、16日発表しました。 国防科学研究所は7月29日、小型・超小型衛星打ち上げロケット用の固体燃料エンジンの燃焼実験に成功しました。 これは、ことし5月の韓米首脳会談で韓米ミサイル指針が撤廃され、ロケットの射程や重量を大幅に増やせる固体ロケットエンジン開発が可能になった結果です。   この固体燃料エンジンの推進力は75トン級で、このエンジンを用いた2段式ロケットを2024年ごろに完成させ、韓半島を偵察する小型偵察衛星を搭載して打ち上げる予定だということです。 国防部は、小型ロケットの開発技術を民間にも移転する方針で、民間企業主導で固体エンジンロケットの製作と衛星打ち上げが実現するよう、技術支援を進めるということです。 科学技術情報通信部は、民間企業の小型ロケット打ち上げを支援するため、南部の全羅南道(チョンラナムド)高興(コフン)の羅老(ナロ)宇宙センターに新たに発射場を整備するとしています。 現在、固体燃料エンジンを搭載したロケットを保有する国は、アメリカ、中国、ロシア、ヨーロッパ、日本、インドの6か国で、韓国政府関係者は、 液体燃料ロケット「ヌリ」の開発で確保した技術と合わせて、固体燃料ロケット技術を短期間に確保することによって、韓国は7大宇宙大国に近付けるだろう」と説明しています。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Fri, 17 Sep 2021 13:20:28 +0900 サイエンス
<![CDATA[台風14号、済州島に接近 雨と風に警戒を]]> 台風14号が北上を続けており、17日は韓国南部が影響を受ける見込みです。 台風14号は16日正午現在、済州島(チェジュド)の南西300キロの海上を北上中です。 中心の気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は29メートルと強い勢力を維持していて、17日朝には西帰浦(ソグィポ)の東50キロの海上を通って、午後、大韓海峡を通過する見込みです。 済州地方気象庁は、16日正午、済州島の陸上全域と沖合いに対して台風注意報を発令しました。 気象庁によりますと、済州島は台風の影響によって16日午後から17日午前にかけて1時間に50ミリから80ミリの雨が降り、最大風速30メートルから40メートルの強い風が吹く見込みです。 中央災害安全対策本部は、台風14号の危機警報のレベルを4段階のうち上から2番目に高い「警戒」に引き上げ、対応レベルも3段階のうち第2段階に引き上げました。 そして土砂崩れが発生しやすい地域や南海岸沿いや地下の施設など、被害が懸念される地域では、あらかじめ通行を制限し、安全な場所へ積極的に避難するよう呼びかけています。 また、台風周辺の海で波が高くところが多くなるとみられ、漁船など船舶の避難や入出港制限、防波堤や船着場などへの人の出入りの制限を強化するよう呼びかけています。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Thu, 16 Sep 2021 15:04:28 +0900 サイエンス
<![CDATA[開発中のコロナ飲み薬 政府も注視]]> 国内外の製薬会社が新型コロナウイルスの飲み薬タイプの治療薬を開発していることについて、韓国政府は9日、開発状況を見ながら購入契約を進める考えを示しました。 中央防疫対策本部のチョン・トンリョン総括調整チーム長は、9日の定例会見で、「海外では、アメリカのMSDとファイザー、スイスのロシュの3社が飲み薬タイプの治療薬を開発中と認識しており、多様な可能性を念頭に交渉を行っている」と述べました。 飲み薬タイプの治療薬は、点滴や注射の必要もなく、在宅療養でも使いやすいところから、開発されれば軽症の患者に投与して重症化を抑える効果が期待されます。  飲み薬の購入予算は、すでに今年度の補正予算で168億ウォンが割り当てられており、来年度の政府予算案にも194億ウォンが計上されています。 韓国でも、チンウォン生命科学が開発に当たっていて、現在、第2相試験を行っているところです。 チョン・トンリョン チーム長は、「飲み薬が開発されれば、流行を抑えるのに役立つと期待されるが、予測することは難しい。さまざまな可能性を念頭に、購入に向けた協議を行っている」と説明しています。   ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Fri, 10 Sep 2021 14:22:58 +0900 サイエンス
<![CDATA[中部地方に激しい雨 豪雨危機警報「注意」に引き上げ]]> 行政安全部は、8月31日の夕方から翌日の昼にかけて、中部地方を中心に1時間に50ミリから70ミリという非常に激しい雨が降ることが予想されるとして、31日午後5時に、豪雨に対する危機警報を第2段階に当たる「注意」に引き上げました。 危機警報は、関心、注意、警戒、深刻の4段階に分かれています。 また、行政安全部は、中央災害安全対策本部の非常勤務態勢レベル1を発動しました。中央災害安全対策本部は、31日夜から翌日の早朝にかけても、強い雨が降ることが予想されるとして、土砂災害や落石などが懸念される地域への視察を強化するよう、関係部処や自治体に指示しました。 また、市民には、出勤や帰宅の際は、公共交通機関を利用するようにし、できるだけ外出を控えるなど、豪雨に備えた行動を取るよう、呼びかけました。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Wed, 01 Sep 2021 09:24:08 +0900 サイエンス
<![CDATA[韓国型ロケット「ヌリ」の起立作業完了 最終的な機能点検へ]]> 韓国の国産ロケット「ヌリ」は、10月の打ち上げを目指して最終点検のため、実際にロケット本体を発射台に設置する作業が完了しました。 科学技術情報通信部は26日、韓国の独自技術で開発したロケット「ヌリ」について、ウェット・ドレス・リハーサル(WDR)と呼ばれる最終的な点検作業に向け、ロケット本体を発射台に移し、起立させる作業を行ったと発表しました。 ウェット・ドレス・リハーサルは、実際の打ち上げと同じ状況をシミュレーションし、ロケットのすべてのシステムが正常に機能するかを試験するもので、ロケットを発射台に立てて零下183度の酸化剤を充てんしたり排出させたりして、機体が極低温環境で正常に機能するかどうかを確認します。 27日に酸化剤の充填・排出作業が行われる予定です。 当初は24日に行う予定でしたが、台風12号の上陸で延期になっていました。ウェット・ドレス・リハーサルの結果の分析には1週間ほどかかり、特に問題なく終われば、「ヌリ」は本格的な発射準備に入りますが、補完すべき点が見つかれば対処した上で発射準備に移ることになります。 「ヌリ」は、10月21日の打ち上げを目指していますが、最終的な打ち上げ日はウェット・ドレス・リハーサルの結果を分析したうえで、9月末に開かれる発射管理委員会で決まります。 「ヌリ」は1.5トン級の実用衛星を地球を周回する低軌道に乗せることができる3段式ロケットで、2010年に開発が始まりました。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Fri, 27 Aug 2021 11:31:28 +0900 サイエンス
<![CDATA[21日から全国的に雨 所によって大雨の見込み]]> 日本列島付近に停滞していた前線が、21日からは韓国の南海岸付近まで北上し、韓半島全域に雨を降らせる見込みです。 1週間以上にわたって日本列島付近に停滞していた前線の影響で、日本列島は広い範囲で雨となり、長崎県や佐賀県、福岡県では、1週間で1000ミリを超える大雨が降りました。 前線は、南側にある太平洋高気圧と北側にあるオホーツク海高気圧の間に発生し、停滞していましたが、21日からは、太平洋高気圧が張り出して前線を韓国の南海岸まで押し上げ、韓半島全域に雨を降らせる見込みです。 来週は、雨が降ったり止んだりの日が続きそうで、風も強くなる見込みです。 ところによっては大雨になるおそれがあり、土砂災害などに注意・警戒が必要です。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Fri, 20 Aug 2021 11:00:01 +0900 サイエンス
<![CDATA[韓国国産ロケット「ヌリ号」 10月に打ち上げへ]]> 韓国の国家宇宙委員会は、10月に予定されている韓国国産ロケット「ヌリ号」の打ち上げについて最終承認しました。打ち上げ日は来月末に決まる予定です。 科学技術情報通信部は12日、国家宇宙委員会を開き、ヌリ号の打ち上げ許可の審査結果などについて議論を行ったと明らかにしました。 これに先立って、17人の外部の専門家で構成された「打ち上げ許可審査委員会」は、ヌリ号の使用目的や安全管理、宇宙事故の発生に備えた財政負担能力などを審査した結果、打ち上げを許可するのがふさわしいとの結論を出し、これを受けて国家宇宙委員会はヌリ号の打ち上げ許可を最終決定しました。 韓国航空宇宙研究院が申請したヌリ号の打ち上げ予定日は1回目が10月21日、2回目が5月19日となっています。 打ち上げ管理委員会は、来月末にヌリ号の1回目の打ち上げが可能な日程を最終確定する予定です。 また、国家宇宙委員会は、ヌリ号を打ち上げる際の発射安全統制計画や飛行安全システム、打ち上げ場の安全計画など合わせて21の項目もチェックしたほか、事故に備えた最大2000億ウォンの補償責任の保険に加入しているかどうかなども確認したということです。 韓国航空宇宙研究院は、今回の国家宇宙委員会の決定を受けて、今月末に打ち上げ前の最終試験にあたる完全極低温試験(WDR)を行う予定です。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Thu, 12 Aug 2021 14:59:35 +0900 サイエンス
<![CDATA[環境ホルモン危害性の次世代への伝達 韓国研究チームが世界初証明]]> 環境ホルモンによる健康被害の影響が生殖によって次の世代に伝達されるという事実を韓国の研究チームが世界で初めて証明しました。 中央(チュンアン)大学によりますと、生命環境研究院のパン・ミョンゴル教授の研究チームはラットによる多世代研究を通じて、プラスチック容器などに含まれる「ビスフェノールA」に曝露され続けることによる健康被害が後の世代にも影響を及ぼすという事実を明らかにしました。 ビスフェノールAは、環境ホルモンと呼ばれる内分泌系の働きに影響を与える物質の中でも飲食物に溶け出して最も頻繁に摂取されるものといわれ、健康や胎児への悪影響の可能性があることは知られていましたが、次世代にまで転移することは証明されていませんでした。 研究チームによりますと、ビスフェノールAへの曝露による生殖への危険性は、遺伝子レベルの遺伝学的調節によって受胎関連のタンパク質に変異が起こることで発生するということです。 パン教授は、この研究成果について「生殖疾患やがん、糖尿病、高血圧などの多世代研究を可能にするきっかけとなるだろう」と語っています。 今回の研究結果は15日、環境科学・環境工学分野の国際学術誌「Journalof Hazardous Materials」に掲載される予定です。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Thu, 12 Aug 2021 11:53:13 +0900 サイエンス
<![CDATA[国産第一号ワクチン 第3相試験計画が承認]]> 韓国の製薬会社、SKバイオサイエンスが開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、臨床試験の最終段階にあたる第3相試験計画が韓国で初めて食品医薬品安全処の承認を得ました。  今回承認された第3相試験は、アストラゼネカ製の新型コロナワクチンと有効性を比較する方式で、韓国だけでなく、東南アジア、東ヨーロッパなどの国々で同時に進められます。 SKバイオサイエンスが開発中の新型コロナワクチンは、遺伝子を組み換えたウイルスの抗原タンパク質を体内に入れ、免疫反応を誘導するものです。 第1相臨床試験の中間分析では、すべてのワクチン接種者で、ウイルスに対抗する中和抗体が作られたことがわかりました。 安全性の面では、接種した部位の痛みやだるさ、筋肉痛など、ワクチンを接種した後に通常みられる症状が出ただけでした。 新型コロナの感染拡大が続く中、国産第1号のワクチンが第3相臨床試験に入ったことで、新型コロナワクチンの国産化に向けた第一歩を踏み出したと評価されます。 この新型コロナワクチンは、来年の商用化を目指します。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Tue, 10 Aug 2021 14:48:08 +0900 サイエンス
<![CDATA[韓国科学技術院 脳を模倣したニューロモーフィック半導体開発に成功]]> 韓国科学技術院(KAIST)は、電気・電子工学部のチェ・ヤンギュ、チェ・ソンユル両教授の共同研究チームが人間の脳を模倣したニューロモーフィック半導体を開発したと、5日、明らかにしました。 ニューロモーフィック半導体は、人間の脳の神経回路網のシナプスの働きを模倣したもので、人間の思考過程と似たような方法で情報を処理するように考案された半導体です。 人間の脳は1000億個のニューロン(神経細胞)とこれを結ぶ100兆個のシナプスで構成されていますが、シナプスは神経回路網でデータを処理するうえで中核的な役割を担っています。 ニューロモーフィック半導体は、AI=人工知能技術を超低電力で遂行することができるため、第4次産業革命時代の次世代メモリー素子として注目されています。 研究チームは、単一トランジスタを利用して集積度を画期的に高め、8インチのウェハー(基板)の上にニューロモーフィック半導体を実現しました。 研究チームは、このニューロモーフィック半導体を利用して、同時性判断など脳の一部の機能を模倣することに成功し、文字や顔の認識が可能であることを示しました。 とくに、従来のシリコン標準の工程で制作したことでニューロモーフィックハードウェアシステムの商用化の可能性を高めました。 今回の研究結果は、世界的な学術誌サイエンスアドバンス誌のオンライン版に掲載されました。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Thu, 05 Aug 2021 14:50:26 +0900 サイエンス
<![CDATA[ソウルの熱帯夜 ことしに入って20日観測]]> 韓国では、ことしに入って夜間の最低気温が25度を上回る熱帯夜が20日観測されました。 気象庁は5日、昨夜のソウルの最低気温は25.6度で、熱帯夜になったと明らかにしました。 これにより、先月からソウルで観測された熱帯夜は合わせて20日になりました。 そのほかにも、済州(チェジュ)で29日、仁川(インチョン)や釜山、麗水(ヨス)で21日観測されました。 4日の夜もソウルや首都圏をはじめ、江陵(カンヌン)27.6度、大田(テジョン)25.9度、大邱(テグ)25.1度、釜山(プサン)26.9度など、全国的に熱帯夜が観測されました。 気象庁は、長期間の猛暑による健康被害や農畜産業や水産業などへの被害が広がらないようにするため、事前に対策を講じるよう呼びかけました。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Thu, 05 Aug 2021 10:53:20 +0900 サイエンス
<![CDATA[KAIST-LG研究センター、6G移動通信ソリューションの開発に成功]]> KAIST=韓国科学技術院傘下の研究センター「LG-KAIST 6G研究センター」が、6G=第6世代移動通信向けのテラヘルツ(THz)周波数帯域で、世界で初めて27 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Wed, 04 Aug 2021 15:04:21 +0900 サイエンス
<![CDATA[マグニチュード5.0以上の地震、発生から5~10秒以内に「地震速報」発表可能に]]> マグニチュード5.0以上の地震が発生した場合の「地震速報」の発表時間が、大きく短縮される見通しです。 気象庁は、28日から地震の緊急速報に新たな分析技法を適用し、地震観測から7~25秒だった発表時間を、半分程度の5~10秒に短縮すると明らかにしました。 気象庁によりますと、観測時間を短縮するために、地震の分析に使われる最小観測資料を8つから4つに減らす一方で、1つのシステムで分析していた従来の方式を、3つのシステムを利用して行う多重分析システムに改善したということです。 気象庁は、地震の緊急速報の発表時間が短縮されることで、国土の95~98%の地域にS波が到達する前に、地震速報を発信することができると予想しています。 地震の緊急速報は、速度が速いP波を分析して、振動が大きいS波が到達する前に地震発生に関する情報を迅速に伝えるサービスで、S波が到達する5分前に緊急速報が出されると、人命被害を80%減らすことができるとされています。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Wed, 28 Jul 2021 13:15:18 +0900 サイエンス
<![CDATA[尚州市でマグニチュード2.2の地震 今年15番目の規模]]> 韓国中部の慶尚北道(キョンサンブクト)尚州(サンジュ)市付近で26日午前6時50分、マグネチュード2.2の地震がありました。  気象庁によりますと、震源地は、尚州市の南南東およそ11キロ付近の洛東面(ナクトンミョン)(北緯36.32度、東経128.21度)で、震源の深さはおよそ14キロメートルだということです。 今回の地震は、ことしに韓半島で発生した地震のうち、15番目に大きいもので、慶尚北道では震度3の揺れを観測しました。 また忠清北道(チュンチョンブクト)や全羅北道(チョンラブクト)では震度2の揺れを観測しました。 慶尚北道慶州市の南南西およそ8キロ付近では、2016年9月12日、マグニチュード5.8の地震が発生し、国内で地震観測が始まった1978年以来もっとも大きな揺れを観測しました。 この慶州(キョンジュ)地震以来、この付近では大小の地震が相次いでいます。 ★2021年9月1日修正 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Mon, 26 Jul 2021 11:11:11 +0900 サイエンス
<![CDATA[気象庁が梅雨明けを発表 本格的な猛暑始まる]]> 全国的に連日の猛暑が続いていますが、気象庁は20日、韓半島が梅雨明けしたとみられると発表しました。 気象庁は20日、「梅雨の終了時期の目安となる北太平洋高気圧が、韓半島の上層部を覆っている」として、19日をもって全国が梅雨明けしたものとみられると発表しました。 ことしの梅雨の期間に降った雨の量は、南部地方では、平均282.9㎜と平年の83%でしたが、中部や済州地域では、平均150㎜と平年の約40%にとどまりました。 気象庁によりますと、韓半島は北太平洋高気圧に覆われている一方、21日からは西からチベット高気圧が張り出してくると予報され、本格的に暑さが厳しくなり、今週末まで猛暑や熱帯夜が続くとしています。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Wed, 21 Jul 2021 02:03:10 +0900 サイエンス
<![CDATA[梅雨が明けると今度は猛暑 来週からは猛暑の予想]]> 韓国では、梅雨前線に向かって南から暖かく湿った空気が次から次へと流れ込んでいる一方、昼間の強い日差しによって空気が温められる加熱効果が加わり、夜も温度が下がらない暑い天気が続いています。  梅雨明けが始まる来週からは更に問題で、北太平洋の高気圧が韓半島を完全に覆ううえ、西からのチベット高気圧が例年よりも勢力を伸ばす見通しです。 専門家によりますと、上層の高気圧の勢力が強いと空気が全体的に沈みこみ、下層で温められた空気が流れ出ないようにブロックしてしまうため、猛暑となる条件がつくられるということです。 中国や日本では、同じ場所に長期間降り続く線状降水帯の影響で記録的な大雨が降りましたが、これは先週韓国にも停滞した梅雨前線の影響とされています。 一方、韓国では、ことしは梅雨入りが遅れたうえ、降水日数も1週間ほどに過ぎなかったため、猛暑が長くなる見通しで、新型コロナの感染拡大の影響なども重なり、例年よりも厳しい夏になる可能性が高いとされています。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Wed, 14 Jul 2021 15:03:33 +0900 サイエンス
<![CDATA[天然記念物「ウスリオオカミキリ」の羽化をカメラで初めて撮影記録]]> 天然記念物218号で、絶滅危惧種1級に指定されているウスリオオカミキリが、羽化して成虫となり、木に穴をあけて出てくる姿が初めてカメラに収められました。 羽化とは、昆虫が脱皮を通じて幼虫から成虫になる過程で、ウスリオオカミキリは卵から幼虫と蛹の期間を経て3~4年で成虫になります。 江原道(カンウォンド)寧越(ヨンウォル)郡の天然記念物昆虫研究センターによりますと、2017年8月にウスリオオカミキリのメスがセンターの野外飼育場で産卵してから4年を迎える6月25日から今月4日まで、オス4匹、メス2匹の合わせて6匹が脱皮して成虫になったということです。 昆虫研究センターは、2012年に世界で初めてウスリオオカミキリの人工増殖に成功しています。 ウスリオオカミキリは、オスが120ミリまで成長する韓国でもっとも大きなオサムシで、1970~80年代に京畿道(キョンギド)と江原道の一部の地域で生息していた記録はありますが、1990年以降は、ごくわずかな個体の観察記録しか残っていない非常に珍しい昆虫です。 ウスリオオカミキリのメスは、およそ50~80個の卵を産み、卵から孵った幼虫は木の中に入り込んで4~5年間木質部を食べて成長します。 自然環境でのウスリオオカミキリの出現時期は6~8月であるため、今後さらに多くの成虫が羽化するものと期待されます。 天然記念物昆虫センターのイ・デアムセンター長は、「これまで推測でしかなかったウスリオオカミキリの野生環境での生活周期が、今回の実験を通じて3~4年であることが明らかになり、自然界での繁殖に一歩近づくことができた」とし、「今回の実験は、ウスリオオカミキリが中部地域の気候でも問題なく成長することを証明する有意義な結果だ」と評価しました。 天然記念物昆虫センターは、今回の実験結果を国際学術誌に投稿する予定です。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Wed, 07 Jul 2021 14:55:49 +0900 サイエンス
<![CDATA[梅雨前線が北上 週末にかけて全国的に雨]]> 南から北上した梅雨前線の影響で、全国各地では、今週末にかけて雨が降る見込みです。 気象庁は1日、済州島は3日午前から梅雨前線の影響範囲に入り、曇りや雨の日が続く天気になる見込みだと発表しました。 雨は3日午後以降、全国に広がり、地域によっては3日夜から4日午前にかけて、1時間当たりの雨量が50ミリを超える強い雨が降るおそれがあるということです。 済州島と南部、中部が同時に梅雨入りするのは1973年に気象観測が始まって以来、6回目です。 梅雨前線は、4日午後以降やや南下して南部地方に停滞し、8日以降に再び北上して中部地方が影響範囲に入るということです。 ことしは梅雨入りの時期が例年に比べて10日から2週間遅く、6月ではなく7月に梅雨入りするのは39年ぶりだということです。 気象庁は、「非常に冷たくて乾燥した空気が韓半島上空に停滞し、梅雨前線の北上を妨げてきたのが原因だ」と説明しています。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Fri, 02 Jul 2021 10:48:18 +0900 サイエンス
<![CDATA[7月に入ってすぐに今年初の猛暑注意報 2日まで猛暑続く]]> 7月に入って最初の日、ソウルや京畿道(キョンギ)などでことし初めての猛暑注意報が出されました。 気象庁は1日午前10時、ソウルと京畿道の一部の地域に今年初の猛暑注意報を発表しました。猛暑注意報は、最高気温が33度を上回る日が2日以上続くと予想される際に発表されており、1日の各地の最高気温は、ソウルで33.3度、京畿道(キョンギド)広州(クァンジュ)で35.1度でした。 猛暑は2日まで続きそうですが、週末は、南から北上した梅雨前線の影響で全国的に雨が降る予報で暑さは和らぎそうです。 土日の各地の予想降水量は、韓半島の中部地域、西海岸、南海岸のほか、済州島で50ミリから150ミリ以上、その他の地域は30ミリから80ミリになる予報です。 特に土曜日の夜から日曜日の午前までに、強い雨が降ると見られ、地域によっては雷を伴う集中豪雨も予想されるとして、気象庁は十分注意するよう呼びかけました。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Fri, 02 Jul 2021 03:52:03 +0900 サイエンス
<![CDATA[韓国船舶運航企業 水路での船舶の完全自動運航に成功]]> 韓国の船舶運航企業が開発した船舶の完全自動運航に初めて成功しました。 現代重工業グループの自動運航船舶の専門会社「アビクス(Avikus)」は16日、慶尚北道(キョンサンブクト)浦項(ポハン)運河で自動運航船舶の試験運航を披露し、12人乗りのクルーズ船の自動運航に成功したと明らかにしました。 試験運航が行われた浦項運河は、水路の幅が平均10メートルと狭く、内航船や外航船が密集するため、通常の運航でも難しい条件が揃っています。 このような環境で、アビクスの自動運航船舶は出航から帰港、接岸まで全てを自動で行いました。 自動運航船舶にも、地上を走る自動運転車両に搭載されるレーザー方式のセンサーや特殊カメラが応用されていて、乗組員がいなくても海上の天気や海流、別の船舶との遭遇など様々な状況に船舶が自動で対処できるようになっています。 アビクスは、試験運航の成功を基に自動運航関連の技術をさらに発展させ、今後、旅客船や貨物船などすべての船舶に拡大して適用していく計画で、早ければことし下半期にも国内の船舶運航会社と共同で世界初の大洋横断にも挑戦する予定だということです。 一方、政府も2025年までに、必要最低限の乗組員のみ乗船するレベルまで自動運航技術を発展させ、関連するグローバル市場でシェア50%を先取りできるよう、最大限支援する計画です。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Thu, 17 Jun 2021 12:06:09 +0900 サイエンス
<![CDATA[サムスン電子 テラヘルツ波用いたデータ転送に成功 6G活用に期待]]> サムスン電子は、次世代の無線通信システム、6G=第6世代移動通信システムの重要な要素となるテラヘルツ波を使ったデータ転送テストに成功したと、16日明らかにしました。 サムスン電子によりますと、アメリカのカリフォルニア大学サンタバーバラ校と共同で行ったテストで、テラヘルツ波に当たる140ギガヘルツを活用し、15メートル離れた距離で、1秒当たり6.2ギガビットの速度でデータを転送することに成功したということです。 テラヘルツ波は、100ギガヘルツから10テラヘルツの周波数帯域で、5Gに比べ最大で50倍速いデータの転送速度を目標とする6Gの重要な周波数帯域として活用されることが期待されていて、今回のデータの転送テストの成功は、6Gの実用化に向け一歩前進したとみられています。 サムスン電子の関係者は、「サムスン電子はこれまで、5Gと6Gの技術革新と標準化をけん引してきた。今回のテストの結果は、6Gの実用化の可能性を示す大事な道しるべになあ」と評価しました。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Thu, 17 Jun 2021 02:18:41 +0900 サイエンス
<![CDATA[海洋水産部 この夏の海水温上昇予測に対応して赤潮総合対策を発表]]> ことしの夏は海水温が平年より1度近く高く、赤潮発生の時期も早まることが予想されるとして、海洋水産部は、養殖場の被害を抑えるための総合対策をまとめました。  海洋水産部が6日、発表したところによりますと、夏場の高水温による養殖場の被害を最小限に抑えるための「2021年高水温・赤潮総合対策」を実施するということです。 対策では、自治体による液化酸素供給装置や低層海水供給装置、黄土散布装置などの整備に、合わせて78億ウォンを支援します。 海洋水産部は、海水温が28度に達する1週間前から、これらの装置をすべて動員して、対応する方針です。 また、ことしから2025年までに、合わせて19億ウォンを投じて、 韓国の海の特性を考慮した水温予測システムを開発し、全羅南道(チョンラナムド)や慶尚北道(キョンサンブクド)にリアルタイムで水温を観測できる装置20台を設置するということです。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Mon, 07 Jun 2021 13:49:08 +0900 サイエンス
<![CDATA[韓国産ロケット「ヌリ」 発射台試験で初めて公開]]> 韓国航空宇宙研究院は1日、全羅南道(チョンラナムド)高興(コフン)にある羅老(ナロ)宇宙センターで、ことし10月に宇宙に打ち上げ予定のロケット「ヌリ」の発射台試験を行いました。 試験では、打ち上げ時と同じ状態に組み立てられたヌリの認証モデルが、発射台に移されました。打ち上げ時と同じ状態に組み立てられたヌリが姿を現したのは、今回が初めてです。 ヌリは、韓国政府が、2010年から開発している韓国初の宇宙ロケットで、1.5トンに達する人工衛星を地球の低軌道に投入することができます。 韓国航空宇宙研究院は、今後1か月間、ヌリの認証モデルを使って発射台での認証試験を実施するとともに、実際に打ち上げられるヌリの組み立て作業を行う計画です。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Wed, 02 Jun 2021 09:13:39 +0900 サイエンス
<![CDATA[今年の夏は「平年より熱く、雨量は去年より少ない」 気象庁の3か月予報]]> ことしの夏は、平年より気温が高くなりますが、梅雨の期間が過去最長だった去年に比べると雨量は少なくなる見通しです。  気象庁が発表したことし6月から8月までの3か月予報によりますと、「北太平洋高気圧の勢力が強く、西太平洋の熱帯海域での海面水温が平年より高いため、ことしの夏の平均気温は、平年を上回りそうだ」ということです。 しかし、北極圏の冷たい空気が定期的に張り出し滞留を繰り返す「北極振動」と呼ばれる気象現象が発生するほか、チベット高気圧の勢力も強くないため、2018年のような記録的な猛暑には見舞われないだろうとみています。 また局地的に雨量が多いところもありますが、梅雨の期間が過去最長となった去年に比べると雨量は少なくなる見通しです。 気象庁は、「東太平洋の赤道付近の海面水温が平年よりも低くなる『ラニーニャ現象』が終わる年は、北太平洋高気圧の張り出しが早くなる。このため、日本でも、65年ぶりにもっとも早い梅雨入りとなった。韓国も停滞する梅雨前線の影響で、6月初めの雨量が平年を上回る可能性がある」と話しています。 梅雨入り時期については、「済州島で6月19日ごろから梅雨が始まり、ソウルでは6月24日ごろから始まるとみている」ということです。 台風は、平年並みの2、3個ほどが上陸する見通しで、最近の傾向からして強い台風が発生する可能性があります。 ただ、去年のように、中・高緯度の上層のジェット気流が南北に大きく蛇行し、地上では大規模な高気圧が停滞する「ブロッキング」と呼ばれる現象が発生すれば、こうした長期予報は大きく外れる可能性もあるということです。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Mon, 24 May 2021 15:09:31 +0900 サイエンス
<![CDATA[災害対応機関のネットワーク「災害安全通信網」が開通 LTE対応は世界初]]> 警察や消防など災害対応機関の無線通信ネットワークを統合する「災害安全通信網」が14日運用を始めました。 災害安全通信網の構築は、災害や事故といった非常事態が発生した際に、警察、消防、軍、地方自治体が同じ通信ネットワークを使ってコミュニケーションをとりながら救助作業ができるようにするための国家政策で、データ通信を高速化した通信規格LTEを世界で初めて活用しています。 ネットワークを構築するきっかけとなったのは2014年の旅客船「セウォル号」沈没事故で、この時は警察、消防、軍、地方自治体がそれぞれ別のネットワークを使っていたため、コミュニケーションがうまく取れなかったことが事故の被害をさらに広げたと指摘する声が上がりました。その後2018年12月からは、警察・消防・国防・鉄道・地方自治体など300以上の国家機関を結び、全国の国土と海上を包括する災害安全通信網の構築が始まりました。 災害安全通信網の運用が開始されたことで、災害発生時に現場での総合指揮体制を確保することができ、対応機関同士がより緊密に協力することができるようになる見通しです。 また、最大2500個の端末間でリアルタイムの通信を行うことができるほか、端末間の直接通信機能も支援するため、山深い山間部や地下など無線基地局による通信が困難な地域でも通信が可能だということです。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Fri, 14 May 2021 14:30:49 +0900 サイエンス
<![CDATA[モバイル運転免許証 年末から導入へ]]> スマートフォンに免許証をダウンロードして身分証明書などとして使えるモバイル運転免許証がことしの年末から導入されることになりました。  行政安全部と警察庁は3日、モバイル運転免許証構築事業を本格的に進めると発表しました。この事業は、政府がおととし10月に策定した「デジタル政府革新推進計画」や去年7月に発表した「デジタル・ニューディール事業」の一環として進められるもので、ことし初めにはモバイル公務員証明書が導入されました。 モバイル運転免許証は、事業が終了する年末から、発行を受けて、従来の運転免許証と同じように使えるようになります。 行政安全部と警察庁は、道路交通公団などと連携して、年末にいくつかの地域で試験運営を行って、安全性や利便性を検証したあと、来年から全国に拡大する方針です。 モバイル運転免許証は、オフラインでは、官公庁や銀行などでの身分証明書の用途で使われ、オンラインでは、ログイン、個人情報の入力などに使われる見通しです。 行政安全部は、オンラインで簡単に使用できるため、利便性が向上すると期待しています。 行政安全部によりますと、モバイル運転免許証の発行には、セキュリティを強化するため、自己証明型身分証明(Self-Sovereign Identity)という概念を適用するということです。  自己証明型身分証明は、本人確認のための個人情報などを企業や組織が所有するのではなく、作成した本人が所有するものです。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Tue, 04 May 2021 12:36:49 +0900 サイエンス
<![CDATA[ソウルの気温、100年で1.9度上昇 夏は長く冬は短く、季節にも変化]]> 過去100年間の韓国の気温の変化を調査したところ、ソウルの気温は2度近く上昇したことがわかりました。 気象庁は28日、長期的な気候変動の傾向を分析した結果を発表しました。 それによりますと、ソウル、釜山(プサン)、大邱(テグ)、仁川(インチョン)など100年以上、気温の観測を行っている6つの都市で、1910年代から30年間の平均気温と1990年代から直近30年間の平均気温を比較したところ、韓半島の年平均気温は過去に比べて1.6度上昇しました。ソウルだけを見ると1.9度も上がっています。 また、季節ごとの長さも最近では夏が118日で最も長く、春(91日)、冬(87日)、秋(69日)の順となっていますが、過去には冬が109日で最も長く、夏(98日)、春(85日)、秋(73)日の順でした。 過去に比べて夏は20日長くなり、冬は22日短くなりました。 また、冬場の寒波は減り、夏場の熱帯夜や猛暑、集中豪雨が増加したことも注目されます。 気象庁は「100年以上の観測資料を見ると、すべての季節において気温が上昇している」としていて、今後も地球温暖化が続く場合、1年の半分が夏になるだろうとする気候学者たちの警告が現実になる可能性があるという声が出ています。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Thu, 29 Apr 2021 14:42:50 +0900 サイエンス
<![CDATA[ソン・フンミン、14ゴール目 プレミアリーグ個人最多タイ記録]]> サッカーのイギリス・プレミアリーグのトッテナムに所属するソン・フンミン(孫興民、28)は12日、マンチェスター・ユナイテッドとの試合で1ゴールを決め、シーズンの得点が個人最多タイ記録に達しました。 ソン・フンミンは、プレミアリーグ第31節のマンチェスター・ユナイテッド戦にスタメン出場し、前半40分に先制ゴールを決めました。 2月7日のウェストブロムウィッチ戦以来、およそ2か月ぶりのゴールで、プレミアリーグで14得点、シーズン全体では19得点となりました。 プレミアリーグ14得点は、ソン・フンミンが2016-2017シーズンに記録した過去最多タイ記録です。 ソン・フンミンの先制ゴールにもかかわらず、後半とアディショナルタイムに合わせて3点を失い、チームは1対3で負けました。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Tue, 13 Apr 2021 09:29:50 +0900 サイエンス
<![CDATA[観測史上最も暖かかった3月 桜も99年間で最も早く開花]]> ことしの3月は、全国の平均気温が8度9分と3月としては観測史上もっとも高く、記録的な暖かさになったことがわかりました。  気象庁によりますと、先月は移動性の高気圧に覆われ、全国の平均気温が8度9分と、観測が始まった1973年以来、もっとも高かったということです。 先月は最高気温も平均で14度9分、最低気温も平均3度4分と、いずれもこれまででもっとも高くなりました。 桜の開花日も早まり、ソウルでの桜の開花日は3月24日で、観測が始まった1922年以来、もっとも早くなりました。 また先月の全国の降水量は1092ミリで、1973年の観測開始以降4番目に多かったということです。 これについて、気象庁は、「北極の気温が平年を下回り、冷たい空気が北極付近に閉じ込められたため、シベリア高気圧の勢力が弱まったことや、東太平洋の赤道付近の海面水温が平年よりも低くなる『ラニーニャ現象』によって、西太平洋熱帯域の海面水温が逆に上昇し、上昇気流が盛んに生じることによって、これが韓国周辺で下降気流となって高気圧の発達に貢献した」と説明しています。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Tue, 06 Apr 2021 14:28:13 +0900 サイエンス
<![CDATA[ソウルで桜咲く この100年で最も早い開花日]]> ソウルでも桜の花が咲き始め、この100年で最も早い桜の開花となりました。 気象庁によりますと、ソウルで桜の開花を観測する基準木となっている鍾路(チョンノ)区のソウル気象観測所が指定した桜の木が24日に花を咲かせました。 ことしのソウルの桜の開花は、100年前の1922年に観測を初めて以来、最も早いということです。 平年の桜の開花日は4月10日で、ことしはこれよりは17日早く、これまで最も早かった去年の3月27日よりも3日早い記録です。 ことしの桜が平年より早く咲いた理由は、2月から3月の平均気温が平年より高く、日照時間も平年より長かったためと気象庁は説明しています。 今月(1~23日)の平均気温は、平年(5.1度)より3.2度高い8.3度で、日照時間の合計も平年(138.3時間)より20.2時間長い158.5時間となっています。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Thu, 25 Mar 2021 13:21:58 +0900 サイエンス