<![CDATA[News - Japanese [KBS WORLD Radio] | サイエンス]]> 15 ja <![CDATA[来年初めには韓国製ワクチン接種可能に 科学技術情報通信部長官]]> 崔起栄(チェ・ギヨン)科学技術情報通信部長官は、韓国製の新型コロナウイルスワクチンの開発について「来年初めには韓国製ワクチンを接種できるだろう」と明らかにしました。 崔長官は22日に行われた記者会見で、現在のワクチン効果がどれほど続くかわからない点や、変異ウイルスが発生している点などを挙げながら「海外のワクチンばかりに依存できない」としたうえで、「大きな問題がなければ、来年初めには韓国製ワクチンを接種できるだろう」と述べました。 ただ、これは製薬会社のロードマップ上の予定であって、開発費用や感染状況の変化によっては、開発完成時期にもずれが生じる可能性もあるということです。 また、韓国製の治療薬については、現在、ナパモスタート(海外臨床)とカモスタート(国内臨床)の2種類が第2ステージの臨床試験を終えて第3ステージの準備をしていると明らかにしました。 さらに、新たに開発した診断キットについても「科学技術情報通信部が企業、大学、病院などと協力して、半導体を使った3分診断キットを開発した」として、「来月からは使用できるものと期待している」と語りました。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Tue, 23 Feb 2021 10:08:38 +0900 サイエンス
<![CDATA[「セルトリオン」のコロナ治療薬が条件付きで使用許可 国産第1号]]> 韓国のグローバル製薬メーカー「セルトリオン」が開発した新型コロナウイルス感染症の治療薬が国産としては初めて食品医薬品安全処の承認を受けました。  食品医薬品安全処によりますと、「セルトリオン」が去年12月29日に使用許可を申請した新型コロナウイルス感染症の抗体治療薬「CT-P59」について、第3ステージの臨床試験の結果の提出という条件付きで、5日、承認したということです。 国産の治療薬に使用許可が出されたのは、初めてです。 世界では、アメリカのイーライリリー社とリジェネロン社に次いで3番目に医薬品規制当局の使用許可を受けました。 「CT-P59」は、完治者の血液に存在する中和抗体遺伝子を取り出して、培養し、大量生産する抗体治療薬です。 ただし、投与の対象は、60歳以上または、慢性呼吸器疾患、糖尿病、高血圧などの基礎疾患を持つ重症化リスクの高い患者だけに限られます。 「セルトリオン」はこの治療薬を去年すでに10万人分を生産していて、保健当局は今月中旬から、医療機関に供給する方針です。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Mon, 08 Feb 2021 13:07:08 +0900 サイエンス
<![CDATA[中国青島の東の海でマグニチュード4.6の地震 韓国でも揺れ]]> 中国青島の東の海でマグニチュード4.6の地震が発生し、韓国でも揺れが感じられました。  気象庁によりますと、19日午前3時20分ごろ、中国青島から東へ332キロ離れた海域でマグニチュード4.6の地震が発生しました。 震源地は北緯35.79度、東経123.97度で、震源の深さは12キロです。 地震は、中国との間にある、韓国の西の海、西海で発生したため、もっとも近い全羅道(チョンラド)だけでなく、大田(テジョン)、首都圏でも多くの人が揺れを感じ、消防当局への通報が相次いだということです。 気象庁は、国外地震情報の発表の基準となる「海域でマグニチュード5.5」には及ばないものの、国内でも揺れを感じたことから、国外地震情報を提供したと話しています。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Tue, 19 Jan 2021 13:46:46 +0900 サイエンス
<![CDATA[韓米共同研究チーム 太陽コロナの温度と太陽風の速度を世界初観測]]> 韓国天文研究院がNASA=アメリカ航空宇宙局と共同で開発した観測装置「コロナグラフ」を使って、太陽の外層大気のもっとも外側にある「太陽コロナ」の温度と、太陽から噴き出すプラズマの「太陽風」の速度を世界で初めて観測することに成功しました。  コロナグラフとは、太陽コロナを常時観測できるように設計された望遠鏡を備えた観測装置で、韓国天文研究院とNASAは、共同で開発したコロナグラフをおととし9月に気象観測用バルーンに連結させて高度およそ40キロの成層圏に送って、観測を始めています。 韓国天文研究院が18日、発表したところによりますと、このコロナグラフで観測したところ、太陽コロナの温度はおよそ100万度に上り、太陽風の速度は秒速260キロに上るということです。 観測結果は12日付の国際学術誌「Solar Physics」に掲載されました。 太陽の表面温度はおよそ6000度に上りますが、太陽コロナの温度はこれまで100万度から500万度と推定されてきました。 太陽コロナの温度が高い原因や、太陽風の加速のメカニズムはまだ解明されていませんが、共同研究チームの観測によって太陽コロナの温度が高い原因の糸口が見つかると期待されています。 韓国天文研究院は、今回開発したコロナグラフの中核技術にもとづいて、今後、NASAと次世代コロナグラフを共同で開発し、2023年ごろ、国際宇宙ステーションに設置する予定です。 NASAは、「太陽についての研究は、人類の生活全般に影響を及ぼす重要なものだ。今回の成果は、NASAと韓国天文研究院がこの10年間、太陽物理分野で絶えず続けてきた研究協力のたまものだ」と評価しました。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Mon, 18 Jan 2021 14:31:40 +0900 サイエンス
<![CDATA[韓国政府 ワクチン接種は「11月までの集団免疫獲得が目標」 ]]> 韓国の防疫当局は、政府が確保した新型コロナウイルスのワクチンのほとんどが、ことし第3、第4四半期に国内に導入される予定で、11月までに集団免疫を獲得することを目標としていると明らかにしました。 鄭銀敬(チョン・ウンギョン)中央防疫対策本部長は11日、定例の会見で「新型コロナウイルスのワクチン接種は、3週または4週おきに2回行う必要があることや、接種後に免疫がつくまで2週から3週かかる。このような点を考慮して、11月ぐらいまでに集団免疫を獲得できるようにする」と述べました。 一方、国内に最も早く導入されるワクチンである、アストラゼネカのワクチンについて、食品医薬品安全処のキム・サンボン・バイオ生薬局長は「アストラゼネカ側から臨床試験の接種対象者全員に関する分析資料を受け取った」として、これをもとに「65歳以上の高齢者における効果や安全性について、別途の分析を行い検討する計画だ」と明らかにしました。 また、アストラゼネカのワクチンについて、全体的な予防効果、接種方法や容量の妥当性を詳しく検討する一方で、ワクチンの製造や品質管理を評価するために、アストラゼネカ製ワクチンの国内製造を行うSKバイオサイエンスに対する現場調査を今月中に行う予定だということです。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Tue, 12 Jan 2021 10:06:50 +0900 サイエンス
<![CDATA[新型コロナ 15分で設置できる移動式陰圧病棟を開発]]> 韓国国立大学のKAIST=韓国科学技術院が開発した新型コロナウイルス重症患者用の移動式陰圧病棟がソウル市内の病院敷地内に設置されました。 陰圧病棟は、病院内部の病原体が外部に広がらないように遮断し、感染症の重傷患者を治療できる特殊隔離病室です。 今回設置された移動式陰圧病棟は、450平方メートル規模で、壁体は規格化したパネルを使い、パネルとパネルの間をエアーテントでつないでいて、15分以内で設置できるのが特徴です。 病室4室のほか、業務空間、更衣室、医療設備保管室などがあり、複数並べて設置し空間を広げることもできます。 設置にかかる費用は、コンテナなどを用いたこれまでの臨時病棟の5分の1で済みます。 15日までの試験運用を経て設置を拡大する方針で、新型コロナの流行が続くなか、治療と感染予防に大きく役立つものと期待されています。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Fri, 08 Jan 2021 10:43:22 +0900 サイエンス
<![CDATA[ソウルで体感温度-25度 国内線の一部が雪で欠航]]> 韓国では7日、ソウルなどに寒波警報が出され、この冬一番の寒さとなりました。 気象庁によりますと、7日朝、中部地方の気温は氷点下20度前後にまで落ち込み、当分の間、寒さが続く見込みです。 午前7時のソウルの気温は氷点下16.1度で、体感温度は氷点下25.3度を記録しました。 ほかの地域でも、水原(スウォン)で氷点下15.3度、仁川(インチョン)で氷点下15度、鉄原(チョロン)で氷点下17.8度、春川(チュンチョン)で氷点下16.1度が観測されました。 現在、中部地方と南部の内陸地方には寒波警報が発令されているほか、そのほかの全国ほとんどの地域に寒波注意報が出されています。 寒波警報は、朝の最低気温が2日以上、氷点下15度を下回るか、急激に気温が下がり大きな被害が予想される場合に出されます。 ソウルに寒波警報が出されたのは、2018年1月以来、3年ぶりです。 一方、6日夜から全国的に雪が降り、国内線の航空便が一部欠航となりました。 国土交通部の運航情報によりますと、金浦(キンポ)空港発の国内線15便、済州(チェジュ)空港発の国内線22便が欠航となりました。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Thu, 07 Jan 2021 12:20:17 +0900 サイエンス
<![CDATA[打ち上げ、来年10月に延期 国産ロケット「ヌリ」]]> 韓国独自の技術で開発され、来年2月に打ち上げる予定だったロケット「ヌリ」の打ち上げが、来年10月に延期されました。 これにともなって、2回目の打ち上げも2022年5月に延期されました。 科学技術情報通信部は29日、「ヌリ」の今後の打ち上げ計画をまとめました。 このなかで打ち上げの延期について科学技術情報通信部は、「十分な準備によって打ち上げ成功の可能性を高めるため、打ち上げ日程の調整が必要だとする専門評価団の意見を反映した」と説明しています。 産・学・研の専門家15人からなる専門評価団は、ことし9月から3か月間にわたって、「ヌリ」の開発日程を点検していました。 科学技術情報通信部は、「3段式ロケット「ヌリ」のもっとも大きい推進力を持つ1段目のエンジン4基を、1つにまとめる部分で技術的な問題が見つかったため、日程を調整することになった。開発期間の延長による事業費の増額は大きくはないだろう」と話しています。 「ヌリ」は、政府が2010年から1兆9572億ウォンを投じて開発している韓国初の宇宙ロケットで、1.5トン級の実用衛星を搭載することができます。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Tue, 29 Dec 2020 18:38:02 +0900 サイエンス
<![CDATA[初の国産燃料電池ゴミ収集車 昌原市が実証運行へ]]> 韓国独自の技術で開発された、世界初の水素を使った燃料電池ゴミ収集車が、来年から慶尚南道(キョンサンナムド)昌原(チャンウォン)市で実証運行に入ることになりました。 昌原市によりますと、28日、記念式典が行われ、積載量5トンの燃料電池走行のゴミ収集車を市が引き受けたということです。 このゴミ収集車は、韓国自動車研究院や現代自動車などが2017年から3年間に100億ウォンを投じて開発していました。 昌原市はことし5月、産業通商資源部と燃料電池車モデル事業の推進業務契約を結び、向こう1年間の実証運行を通じて、燃料電池や水素タンク、冷却システムの安全性などを検証します。 この自動車は、水素と空気中の酸素を反応させて発電し、走行だけでなく、ゴミも圧縮するもので、水素25キログラムを充てんすることによって、およそ350キロメートル走ることができ、これまでのディーゼル車に比べて、排気ガスを出さず、騒音や振動も少ないということです。 昌原市はおととし、「水素特別市」を掲げ、全国でもっとも多くの燃料電池車を普及させ、もっとも多い水素ステーションを設置しており、去年6月には全国で初めて燃料電池バスも導入しています。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Mon, 28 Dec 2020 13:37:46 +0900 サイエンス
<![CDATA[半導体材料産業の自立化が軌道に 12インチ半導体テストベッドを構築]]> 去年7月の日本の韓国向け輸出管理強化がきっかけとなって推進された、素材・部品・設備産業の自立化事業がスタートから1年半で軌道に乗りました。 ナノ総合技術院のヤン・ジュンモ・ナノ融合技術本部長は15日、記者会見を開き、事業に関するこれまでの成果を発表し、このほど国内初となる12インチ半導体ウエハーの試験用プラットフォーム、テストベッドが構築されたことを明らかにしました。 今回、構築された「テストベッド」は、開発した素材・部品・設備の性能や量産の可能性を評価する施設です。 開発された製品は、テストベッドを通じた品質評価を経てメーカーに供給されるため、素材・部品・設備産業の自立化には不可欠なインフラです。 ナノ総合技術院は、去年9月から450億ウォンを投じて、中核設備10種類を設置した1000平方メートル規模の12インチ半導体のテストベッド構築を完了しました。 今後は国内の中小・中堅材料メーカーが開発した素材・部品・設備の性能評価を国内でも行うことができるため、日本の輸出管理強化措置以降、アメリカやベルギーなどでテストを行わなければならなかった不便さが解消される見通しです。 12インチ半導体ウエハーのテストベッドは、早ければ来年の初めにも、国内の各メーカーに提供される予定です。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Wed, 16 Dec 2020 10:16:26 +0900 サイエンス
<![CDATA[今朝のソウルは-11.2℃ ことし一番の寒さ]]> 韓国では16日、中部地方のところどころに寒波警報が発表され、この冬一番の寒さとなりました。 気象庁によりますと、16日の朝の最低気温は、ソウルでマイナス11.2度、坡州(パジュ)でマイナス17.2度、洪川(ホンチョン)でマイナス17.8度などと大きく低下し、強い風によって体感温度はさらに低くなっています。 16日の全国の最高気温は、マイナス5度からプラス4度で、日中も氷点下になるところが多くなる見込みです。 18日には一時的に気温が上がり、平年の水準となる見込みですが、19日にはまた韓半島の北から冷たい空気が流れ込み、寒波に見舞われる見込みです。 現在、韓半島南西部の海岸と済州島(チェジュド)では雪が降っていて、済州島の山地や鬱陵島(ウルルンド)、独島(トクト、日本でいう竹島)、全羅南道(チョンラナムド)の西海岸には大雪警報が出されています。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Wed, 16 Dec 2020 09:27:23 +0900 サイエンス
<![CDATA[この冬一番の寒さ ソウルは氷点下11度1分]]> 韓国では15日朝、全国各地でこの冬一番の寒さとなりました。  気象庁によりますと、寒波警報が出された京畿道(キョンギド)北部や江原道(カンウォンド)の山間部、忠清北道(チュンチョンブクド)などでは朝の最低気温が氷点下15度を下回り、寒波注意報が出された中部、全羅北道(チョンラブクド)東部、慶尚北道(キョンサンブクド)の内陸部では氷点下12度を下回ったということです。 ソウルは氷点下11度1分と、平年の気温を3度5分下回りました。 風も強く、肌で感じる体感温度は全国ほとんどの地域でさらに低くなりました。 16日も朝の最低気温は全国ほとんどの地域で氷点下5度を下回り、日中の最高気温も氷点下となる見通しです。 一方、厳しい寒さの影響で、ソウルの地下鉄2号線のダイヤが乱れ、午前8時ごろから9時ごろまでの出勤時間帯に混乱が生じました。 ソウル交通公社は、列車の故障ではなく、一部の駅で寒さの影響でホームドアが誤作動したためと説明しています。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Tue, 15 Dec 2020 15:05:10 +0900 サイエンス
<![CDATA[ソウルで初雪 来週からは-10度の寒波]]> ソウルで、10日未明、初雪が観測されました。 気象庁によりますと、ソウル市内では10日午前3時55分から雪が降ったものの、量が少なく、気温が3度と高かったため積もらなかったということです。 ことしのソウルの初雪は去年より25日、平年より19日遅く観測されました。 2000年以降のソウルの初雪としては、これまで最も遅かった2003年よりも2日遅く、記録を更新しました。 気象庁によりますと、この週末は、全国ほとんどの地域で雨や雪が降り、その後、来週からはマイナス10度近くまで気温が下がる見込みで、この冬初めての寒波となりそうです。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Thu, 10 Dec 2020 11:42:48 +0900 サイエンス
<![CDATA[人が密集する場所でのコロナ感染リスクをAIで予測 韓国原子力研究院]]> 新型コロナウイルスの感染が、スーパーや地下鉄など、多くの人が利用する施設でどのように広がるのかを、AI=人工知能を使って予測できる技術が開発されました。  韓国原子力研究院が、AI企業と連携して開発したこの技術は、原子力発電所で起きる可能性がある原発事故をシミュレーションするソフトウェアを活用したもので、多くの人が利用する施設での人の移動経路を3次元モデルに表し、その密集度や、マスクの着用の有無などのデータを入力すると、AIが人々の移動経路を予測して、その施設におけるウイルスの感染拡大リスクを推計します。 ことし3月に大規模なクラスターが発生したソウル市・九老(クロ)区のコールセンターで感染が拡大した状況を、この技術を使ってシミュレーションしたところ、実際の感染率に近い数値が予測されたということです。 韓国原子力研究院は、「国家単位でウイルスの感染拡大の規模を予測するモデルは存在したが、多くの人が利用する施設の感染リスクを予測する研究は、これまでなかった」として、「大量のデータを確保し、より正確で高度化した技術に仕上げたい」と話しました。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Wed, 02 Dec 2020 09:36:36 +0900 サイエンス
<![CDATA[老化した細胞を若返らせる技術 韓国の研究グループが開発]]> 老化した人間の細胞を若返らせる技術の開発に成功したと、韓国の研究グループが発表しました。 韓国科学技術院(KAIST)は26日、老化した皮膚細胞を若い細胞に戻す技術の開発に成功したと発表しました。 人間の皮膚が老化する最大の原因は、細胞の分裂能力が衰え、再生速度が落ちるためとされています。 KAISTの研究グループは、3つの層からなる人間の皮膚の中で最も厚い「真皮」の上部に存在する「繊維芽細胞」の中のタンパク質に注目、「PDK1」というタンパク質が皮膚細胞の老化に重要な役割を果たしていることを確認し、その発現を抑制した結果、老化した皮膚組織で減少していたコラーゲンの合成が増えて再生能力が回復することを確認しました。 これまでも、皮膚細胞のように特定の組織に育った細胞に「山中(やまなか)転写因子」と呼ばれるタンパク質4種を追加して、特定細胞に分化する前の若い状態に戻す技術はありましたが、がんを誘発するという副作用がありました。 今回開発された技術は、がんの誘発といった副作用を抑えながら、老化現象や老人性疾患を防ぐ手がかりを見つけることができるものとして期待されています。 研究成果は、23日付の米国科学アカデミー紀要のオンライン版に掲載されました。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Fri, 27 Nov 2020 11:31:48 +0900 サイエンス
<![CDATA[LINE、日本語を自然に話す「汎用AI」の開発へ NEVERと共同で]]> 韓国のポータルサイト最大手「NAVER(ネイバー)」と日本の子会社「LINE(ライン)」は、人と同じレベルで日本語を話すことのできるAI=人工知能システムの開発に乗り出します。 共同通信によりますと、LINEは25日、親会社のNAVERと共同で、自然な日本語表現が可能な汎用AIの開発をスタートすると発表しました。 それによりますと、AIに日本語の文章や会話など合わせて100億ページ以上に及ぶデータを学習させて、来年の上半期までにシステムを完成させる予定です。 汎用AIでは、従来のように決められた質問に典型的な回答を示す従来の日本語自動処理システムのレベルを超えて、文脈に合った自然な会話が可能なレベルにまで進化させるため、従来のAIに感じられた不自然さも感じられなくなるということです。 LINEは、AIの言語処理が商用化されているのは英語だけであることに言及し、最新の英語バージョンのAIを上回る正確度を目標に開発を進めると明らかにしました。 LINEは、今回のプロジェクトにNAVERと共同で数百億ウォンの資金を投じるということです。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Thu, 26 Nov 2020 13:06:00 +0900 サイエンス
<![CDATA[今年の冬の3か月予報 去年より寒く、所によって大雪も]]> ことしの冬は、暖冬となった去年とは違って、急な寒波が訪れるなど、寒い日が多くなりそうです。  気象庁は23日、来月12月から来年2月までこの冬の3か月予報を発表しました。 それによりますと、12月は、前半は、気温が大きく下がる日が多い見通しで、後半は、大陸から冷たい空気が周期的に南下し、全般的に平年の気温を1度から2度ほど下回りそうです。 1月は、氷点下1度6分から氷点下0度4分と平年なみの気温になるとみられますが、冷たい空気と温かい空気の影響を交互に受け、気温が大きく下がる寒波が頻繁に訪れる見込みです。 2月は、冷たい空気の勢力が次第に弱まるにつれ、気温が上昇し、0度4分から1度8分と平年並みとなりますが、急激に気温が下がる日もありそうです。 江原道(カンウォンド)の東海岸や、西海岸、済州島では、平年より積雪量が多くなりそうです。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Tue, 24 Nov 2020 13:38:36 +0900 サイエンス
<![CDATA[ソウルなどで豪雨注意報 海岸では強風にも注意]]> ソウルなど首都圏では19日、豪雨注意報が発令され、西海岸や東海岸一帯では風も強まり強風特報が発令されました。 豪雨注意報は、大雨による災害が懸念される場合に発令される気象特報で、降水量が6時間で70ミリ以上、または12時間で110ミリ以上の降雨が予想される場合に発令されます。 19日午前9時現在、京畿道(キョンギド)光明(クァンミョン)や仁川(インチョン)、ソウルでは90ミリ前後の大きな雨が降り、慶尚南道(キョンサンナムド)山清(サンチョン)群や統営(トンヨン)市などでも40ミリ前後の降雨量がありました。 明け方から北西の方角から流れ込んできた雨雲は今後、速い速度で南東のほうへ進む見込みです。 大雨になったのは、上空の暖かい空気が北西から流れ込んだ冷たい空気とぶつかったことによって雨雲が発生したことよるものだということです。 ところによっては雷を伴い、突風が吹くところもあるため、注意が必要です。 今後、中部や南部では30ミリから80ミリ、東海岸や済州(チェジュ)地域では5ミリから50ミリの雨が降る見込みです。 雨は午後に中部や西海岸から止みはじめ、19日夜にはほとんどの地域で止むものとみられています。 雨の影響で20日は気温が大幅に落ち込む見込みだということです。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Thu, 19 Nov 2020 10:51:09 +0900 サイエンス
<![CDATA[海洋・大気観測衛星「千里眼2B」観測データを初公開]]> 海洋と大気汚染を観測する初めての静止衛星「千里眼(チョンリアン)2B号」が観測したデータが初めて公開されました。  ことし2月に打ち上げられた千里眼2B号は、3月6日に目標としていた静止軌道に投入され、これまで試験運用を続けています。 今回公開された映像は、千里眼2B号が観測したアジア全域の大気状態を表すもので、PM2.5=微小粒子状物質や二酸化窒素など、大気汚染を誘発する物質の濃度を確認することができます。 千里眼2B号は、3万6000キロメートルの上空で、地球の自転速度と同じ速さで飛行しながらアジア地域の大気状態を観測することができます。 政府は、試験運用の間、千里眼2B号の観測可能面積を一層拡大する計画で、観測されたデータは、アジアの各国に提供することで、国際的な共同研究を進めたい考えです。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Thu, 19 Nov 2020 09:55:30 +0900 サイエンス
<![CDATA[南極の氷河融解で東アジアは気温上昇 韓国極地研究所が世界初発表]]> 韓国極地研究所は16日、南極で溶けた氷河が東アジアの気温上昇に影響する仕組みを世界で初めて明らかにしたと発表しました。 これまで、氷河が溶けた冷たい海水は南極一体の海面温度を下げ、海水が凍結した海氷の形成を促し、一定期間、地球温暖化を遅らせる役割をすると知られていました。 しかし、極地研究所の今回の研究を通じて、韓国を含む東アジアでは、かえって気温を高める効果があることがわかりました。 極地研究所とドイツのヘルツホルム海洋研究所などからなる国際合同研究チームは、南極の氷河が溶けてできた水が、1万7000キロ以上離れた東アジアの水温を0.2度以上高めると予測しました。 それによりますと、南極の海から流れ込んだ冷たい海水は、赤道付近に形成される低気圧帯、熱帯収束帯を北側に押し上げ、これによって北太平洋西側の高気圧が強くなります。そして、東アジアに暖かい空気が流れ込んで温暖化を促すということです。 研究チームは、実際の温度の上昇効果は、氷河が海水に溶け込んでから22年から71年ではっきりと表れると明らかにしました。 一方、その間、地球の平均温度は0.2度以上、低下していて、そのため相対的に東アジアの温暖化が目立つ傾向にあるということです。 今回の研究結果は、アメリカ地球物理学連合の学術誌に掲載されました。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Tue, 17 Nov 2020 10:03:55 +0900 サイエンス
<![CDATA[サイバスロン 韓国チーム開発のウェアラブルロボットが金メダル]]> 体の不自由な人が電動の車いすや義手を使って、さまざまな技術を競い合う国際大会が13日、オンラインで開催され、韓国の研究チームが開発したウェアラブルロボットを装着した選手が強化型外骨格レースで1位となりました。  サイバスロンと呼ばれる国際大会は、体の不自由な人がロボット技術や高度な補助デバイスを使って競い合う競技大会で、2016年にスイスで初めて開催され、今回が2回目となります。 KAIST=韓国科学技術院が15日、発表したところによりますと、KAISTやスタートアップの「エンジェル・ロボティックス」など韓国の共同研究チームが開発したウェアラブルロボットを装着した選手が13日に開かれたサイバスロンの強化型外骨格レースに出場し、金メダルを獲得したということです。   6種目のうち、強化型外骨格レースは、選手がウェアラブルロボットを装着して競技に臨むため、映画「アイアンマン」のパワードスーツの競技とも呼ばれます。  今回、出場したのは第1回大会で銅メダルを獲得したキム・ビョンウク選手で、下半身マヒを抱える障害者の歩行を補助するウェアラブルロボット「ウォーク・オン・スーツ4」を装着しました。 ウェアラブルロボットの重さは30キロに上りますが、研究チームは重心を分散させ、健常者の歩行速度並みの1分に40メートル以上のスピードで歩けるようにしました。 この種目には、スイス、アメリカなど8か国からの12人の選手が出場しました。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Mon, 16 Nov 2020 14:02:19 +0900 サイエンス
<![CDATA[雪岳山で初雪 去年より17日遅い観測]]> 3日午前、雪岳山(ソラクサン)で初雪が観測されました。 江原(カンウォン)地方気象庁によりますと、2日夜から雪岳山の頂上付近で降っていた雨が雪に変わり、初雪が観測されたということです。 ことしの初雪は去年より17日遅くなりました。 一方、3日の朝の最低気温は、全国的に前の日より5度ほど下がり、午前6時の時点で、ソウルで3度2分、仁川(インチョン)で4度8分などと冷え込みました。 気象庁は「4日まで気温が下がり、風も強いため、肌で感じる体感温度はさらに下がる」として、健康管理に注意するよう呼びかけています。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Tue, 03 Nov 2020 11:29:06 +0900 サイエンス
<![CDATA[二酸化炭素の回収・貯留 韓国石油公社が国内初の推進]]> 石油産業から放出される二酸化炭素を回収して海底に貯留するプロジェクトが世界各地で動いているなか、韓国石油公社が韓国で初めてこうした事業に取り組む計画を進めています。  韓国石油公社は、2009年から天然ガスなどを生産してきた蔚山(ウルサン)沖の東海ガス田が2022年6月に生産終了となることから、その空きスペースを二酸化炭素の貯留スペースとして利用する事業を進めています。 韓国国内で排出される二酸化炭素を回収して、毎年40万トンずつ、30年間で1200万トンを貯留するというもので、国内では初めての試みです。 韓国石油公社は2023年から東海ガス田の切り替え作業を進め、2025年から二酸化炭素の注入を始める計画です。 一方、二酸化炭素を再利用する技術の開発も政府レベルで進められます。 各国で二酸化炭素の貯留や再利用が緊急な課題とされるなか、技術の開発や費用の軽減がこの事業の成否を決めるカギとなりそうです。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Mon, 02 Nov 2020 14:59:14 +0900 サイエンス
<![CDATA[全国各地でこの秋一番の冷え込み 韓国]]> 韓国は29日朝、全国各地で、ことしの秋に入って最も低い気温となりました。 気象庁はこの日、北西から冷たい空気が流れ込み夜中に地表が冷えたことで、全国ほとんどの地域で朝の最低気温が5度以下となり、中部の内陸や全羅北道(チョンラブクト)東部、慶尚北道(キョンサンブクト)内陸は氷点下を記録したと明らかにしました。 このうち京畿道(キョンギド)水原(スウォン)市では、午前7時の時点で朝の最低気温2.2度を記録し、この秋一番の冷え込みとなり、初氷が観測されました。これは去年より10日早く、平年より1日遅い記録です。 水原以外にも、江原道(カンウォンド)大関嶺(テグァンリョン)、忠清南道(チュンチョンナムド)錦山(クムサン)、全羅北道(チョンラブクト)長水(チャンス)、慶尚北道・栄州(ヨンジュ)、慶尚南道(キョンサンナムド)居昌(コチャン)など、全国各地でこの秋一番の寒さとなりました。 ソウルの朝の最低気温は5.6度で、前の日の朝の最低気温より6.8度、平年より1.6度低くなりました。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Thu, 29 Oct 2020 11:36:10 +0900 サイエンス
<![CDATA[鶏龍山の生息生物 大学生調査チームが新たに70種発見]]> 生物学を専攻する大学生らで作る調査チームが、忠清南道(チュンチョンナムド)の鶏龍山(ケリョンサン)で行った調査で、絶滅危惧種を含む70種の野生生物の生息を新たに発見したことがわかりました。  鶏龍山国立公園によりますと、大学生らで作る調査チームが、ことし6月から4か月間、鶏龍山に生息する昆虫や動物などの調査を行ったところ、これまで生息が確認されていなかった野生生物70種の生息を新たに発見しました。中には、絶滅危惧種に当たるヒメダイコクコガネも含まれていたということです。 鶏龍山国立公園の関係者は、「次世代の専門家ともいえる大学生たちが、これまで調査が進まなかった鶏龍山の生物の生態価値を高めてくれた」と評価しました。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Thu, 29 Oct 2020 09:40:15 +0900 サイエンス
<![CDATA[ソウル市 4倍速いWi-Fiサービスを来月から試験運用]]> ソウル市は、これまでの無線LAN接続「Wi-Fi(ワイファイ)」より通信速度が4倍速い公衆無線LANサービス「カチ(カササギ)オン」の試験運用を来月から一部の地域で開始します。 ソウル市が26日、発表したところによりますと、公衆無線LANサービス「カチ・オン」は、これまでのサービスより通信速度が4倍速く、セキュリティを強化した最新の設備が用いられるということです。 ソウル市は、「カチ・オン」を来月1日から城東(ソンドン)区と九老(クロ)区で開始し、来月中旬には恩平(ウンピョン)区、江西(カンソ)区、道峰(トボン)区に広げていく計画で、主要道路や伝統市場、公園、川沿いなどの散策路、文化体育施設などを中心に構築します。 またこれとは別に、プライベート・ネットワークを活用した公共IoT=モノのインターネット・ネットワークの試験運用も来年から九老区、瑞草(ソチョ)区、恩平区で開始します。 ソウル市の関係者は、「新型コロナの影響で、社会全般でオンラインや非対面へのシフトが加速しているなか、通信は、日常生活に欠かせない公共財となった」とサービスの背景を説明しています。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Mon, 26 Oct 2020 14:37:24 +0900 サイエンス
<![CDATA[韓国で開発中の抗体治療薬、新型コロナの6つ遺伝子型に効果]]> 中央防疫対策本部の権埈郁(クォン・ジュヌク)副本部長は24日、国内で開発中の抗体治療薬について、「国内の患者から分離した6つの遺伝子型すべてに対して、防御能力などの効果が確認された」と明らかにしました。 今回の研究結果は、細胞実験で確認したもので、感染者を対象に行ったものでないということです。 新型コロナウイルスは遺伝子配列の変異によって複数のグループに分けられますが、国内の患者の検体から分離した新型コロナウイルスの遺伝子型はS、L、V、G、GH、GRの6つとなっています。 韓国では、5月はじめにソウル市梨泰院(イテウォン)のクラブで集団感染が発生して以降、主にGHグループが発見されているということです。 一方、防疫当局は23日午後4時の時点で、全国63の病院で新型コロナウイルスの感染者671人に抗ウイルス薬「レムデシビル」を投与したと明らかにしました。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Mon, 26 Oct 2020 08:27:51 +0900 サイエンス
<![CDATA[この秋一番の冷え込み 一部に寒波注意報]]> 23日朝の気温は、ほとんどの地域でこの秋一番の冷え込みとなり、一部地域にはこの秋初めての寒波注意報が出されました。 気象庁によりますと、大陸から冷たい空気が韓半島上空に流れ込み、朝の最低気温が最大で前日より10度ほど下がり、中部内陸地方と南部の山間部では氷点下となりました。 23日朝の各地の最低気温は、東部の江原道(カンウォンド)雪岳山(ソラクサン)が氷点下4度7分、江原道内陸部の休戦ラインに近い鉄原(チョルウォン)が氷点下3度1分、ソウルが4度と、ほとんどの地域でこの秋一番の冷え込みとなり、各地で霜や氷が観測されました。 このうち、京畿道北部と江原道北部にはこの秋初めての寒波注意報が出されました。 気象庁は、風が強いため肌で感じる体感温度はさらに下がっているとして、健康管理に注意するよう呼びかけています。 この冷え込みは24日朝にピークとなってから徐々に和らぐ見込みですが、内陸地方では25日朝まで気温が5度を下回るところが多くなる見通しです。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Fri, 23 Oct 2020 11:55:43 +0900 サイエンス
<![CDATA[国際海洋研究科学委員会議長に韓国海洋科学技術院のユ・シンジェ氏就任]]> 海洋水産部は21日、韓国海洋科学技術院のユ・シンジェ博士がアジア出身としては初めてSCOR=国際海洋研究科学委員会の議長に選ばれたと明らかにしました。 SCORは、海洋学の懸案などについて議論するために1957年に設立された国際的な海洋学術機関で、31の加盟国がアジア・アフリカなど発展途上国の海洋研究や、インド洋探査のような国際的な海洋研究プログラムを支援しているほか、海洋分野の持続可能な開発や気候変動に対応するための研究を行っています。 ユ博士は、海洋生態系の専門家で、気候変動や沿岸の水質汚染などの環境変化が、海洋の生態系に及ぼす影響について研究してきました。 東海海域の炭素の循環に関する研究など、国の海洋研究事業に参加したほか、黄海の生態系保全を目的とするUNDP=国際連合開発計画の「黄海広域海洋生態系事業」など、国際的なプロジェクトに参加した経験があります。 また、PICES=北太平洋海洋科学機関の議長を歴任し、2018年からはSCORの副議長を務め、加盟国からの高い支持を得ていました。 ユ議長の任期は、2020年10月から2024年10月までで、今後4年間、SCORの国際海洋学研究と関連事業を進めるうえで、中心的な役割を果たすものとみられます。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Wed, 21 Oct 2020 11:43:26 +0900 サイエンス
<![CDATA[PM2.5による大気汚染 首都圏で110日ぶりに発生]]> PM2.5=微小粒子状物質による大気汚染が110日ぶりに発生し、首都圏と忠清道(チュンチョンド)では汚染のレベルが「悪い」になりました。  韓国環境公団によりますと、20日午前10時の時点で、ソウル、京畿道(キョンギド)、仁川(インチョン)の首都圏では、PM2.5の1日平均濃度が、1立方メートルあたり最大で53マイクログラムとなっているということです。 韓国では、PM2.5による大気汚染のレベルを4段階に分け、大気中のPM2.5の1日平均濃度が1立方メートルあたり15マイクログラム以下の場合は「良い」、16~35マイクログラムは「通常」、36~75マイクログラムは「悪い」、76マイクログラム以上は「非常に悪い」としています。 ソウルのPM2.5の1日平均濃度が「悪い」のレベルになったのは、ことし7月以降、110日ぶりです。 気象庁は、「空気が停滞し、PM2.5の濃度が上昇した。これに、中国からのスモッグまで加わり、さらにひどくなった。空気の停滞で、首都圏では霧も発生した」と説明しています。 こうした現象は21日午前まで続き、次第に汚染濃度は低下する見通しです。 ...

[more...]
]]>
KBS WORLD Radio Tue, 20 Oct 2020 13:51:13 +0900 サイエンス