メニューへ 本文へ

プロデューサー (7) 손이 커요.

#ドラマ韓国語 l 2019-04-14

ドラマ韓国語

きょうのセリフ

キム・テホ(김태호):역시 우리 변 대표님은 손이 커요.

(さすがピョン社長は太っ腹ですね)

어떤 회사는 뮤직뱅크에서 1등을 해도 백설기 한쪽씩 돌리고 

마는데. 그 백설기도 콩 한쪽 안 박힌 거 돌리고 그런다고.

(音楽番組で1位を取っても蒸し餅だけの事務所も。しかも豆すら入ってない)

チャン・インピョ(장인표):그런 거는 돌리고도 욕 먹지.

(器が小さいよな)

キム・テホ(김태호):그럼요.

(本当ですよ)

ビョン・ミスク(변미숙):그러니까 두 분이 우리 신디 신경 좀 써 주셔야지.           

(だからシンディのことをよろしく頼みます)


説明

손이 크다---[慣用句] 気前がいい、太っ腹だ


“손이 크다”という韓国語の慣用句に、日本語の「~です」に当たる韓国語“~어요”が付いたフレーズです。“손이 크다”は、直訳すると「手が大きいです」という意味で、“손이”が「手が」、“크다”が「大きいです」に対応しています。「気前がいい」「太っ腹だ」という意味で、今回のシーンでは、バラエティー番組制作局全体に差し入れをした芸能事務所の代表に対して、チーフプロデューサーが“손이 커요(太っ腹ですね)”と言っています。

ちなみに、“손이 크다(直訳:手が大きい)”の反対語は、“크다(大きい)”の反対語“작다(小さい)”を使って、“손이 작다(直訳:手が小さい)”といい、「けちだ」「気前が悪い」という意味で使われます。“손이 크다”と合わせて覚えてみてください。

今回は、「気前がいい」「太っ腹だ」という意味の慣用句“손이 크다”を使った“손이 커요”という表現と、“손이 크다”の反対語“손이 작다(気前が悪い/けちだ)”についてご紹介しました。

日本語もそうですが、韓国語にも体の部位を使った慣用句がたくさんあります。ドラマのセリフを通して、また別の慣用句もご紹介していこうと思います。


使い方

① いつもおごってくれる先輩についてこの一言 → 先輩は 손이 커요(太っ腹です)

② たっぷりサービスしてくれた飲食店の店長についてこの一言 → 店長は 손이 커요(気前がいいです)


おすすめのコンテンツ