メニューへ 本文へ

歯磨き・デンタルケアのアプリを開発した「キットンプラネット」

#韓国技あり企業 l 2019-05-13

週間経済フォーカス

© Kitten Planet

きょうご紹介した企業は、京畿道城南(ソンナム)市にあるベンチャー企業で、歯磨き・デンタルケアのアプリを開発した「キットンプラネット」です。

「キットンプラネット」は、2017年に設立され、世界で初めて拡張現実技術を歯磨きの指導に取り入れたアプリ、「ブラシモンスター」を開発しました。「ブラシモンスター」は、歯磨きをして細菌の悪党に捕まった友だちを救うというストーリーになっていて、アプリを立ち上げると、カメラがとらえた子どもの顔がスマートフォンの画面に映し出されます。そして、拡張現実で作り出した仮想の歯ブラシが、子どもの顔の映像の上に表示され、磨く位置や磨き方を教えます。歯ブラシも、子どもの小さな手でも持ちやすい大きさと重さにし、歯磨きをする3分間、子どもが感じる負担を軽減しました。

テキストや動画に依存した従来の歯磨きアプリとは異なり、拡張現実を取り入れていることも、子どもたちの興味を引き付けました。「キットンプラネット」の歯磨きアプリは、現在、137か国で使われていて、英語、中国語、日本語など5か国語に対応しています。

「キットンプラネット」の電動歯ブラシも、輸出市場で活躍しています。

「キットンプラネット」は、ライフサイクルの各ステージに合わせてきめ細かなサービスを提供するトータルデンタルケアのサービス企業になることを目指しています。


© Kitten Planet

おすすめのコンテンツ