メニューへ 本文へ

チョン・ハナの短編小説「ハロウィーン」

#ラジオ図書館 l 2019-09-03

ラジオ図書館

ⓒ Getty Images Bank

「死を間近に控えてのお願い」

祖母は遺書の始めにこう書いていた。


葬儀は10月の第4金曜日に家で執り行うこと。

家と土地は4人の子に分け与えること。

店は整理し、セヒに任せること。


最期の瞬間、祖母は何か言い残したことがあるように

唇を動かしたが、やがて長い息を吐き出し、息を引き取った。


죽음에 이르러 부탁하여-

할머니는 유서의 첫머리를 이렇게 썼다.


장례식을 10월 넷째 주 금요일에 집에서 치를 것.

집과 토지를 네 명의 자녀들에게 나눠줄 것.

가게를 정리하여 세희에게 넘길 것.


마지막 순간, 할머니는 뭔가 더 할 말이 있는 것처럼

입술을 들썩였지만 이내 긴 숨을 내쉬고 세상을 떠났다.



2016年、文芸誌「韓国文学」を通じて発表された

作家、チョン・ハナの短編小説「ハロウィーン」は

主人公、セヒの祖母の死を描く場面で始まります。

セヒは両親が離婚した後、祖母と暮らしていました。



「あなたは崖っ縁に立たされています。愚かな判断を下しましたね。

お金を使い果たし、神経過敏な状態です。

自分を捨てなければなりません。

8つのカップはあなたが愛着と希望で満たしたものです。

それを全部捨ててしまわない限り、どんな変化もありません。」


ダニエルがカップを逆さにする手振りを見せた。

私は彼女の痩せた、そして強靭な手を見た。

祖母に似た、いつも私が羨ましく思った手だった。


“당신은 지금 벼랑 끝에 서 있어요. 어리석은 판단을 했군요.

 돈을 탕진했고, 신경이 날카로워져 있어요.

 자기 자신을 버려야 해요.

 여덟 개의 컵은 당신이 애착과 희망을 가지고 채운 것들이죠.

 그것들은 땅에 쏟아버려야 해요.

 그 전엔 아무 변화가 일어나지 않을 거예요“ 


다니엘은 컵을 거꾸로 드는 흉내를 냈다.

나는 허공을 움켜 쥔 그녀의 손을 보았다. 마르고, 강인한 손이었다.

할머니와 닮은, 언제나 내가 갖고 싶었던 손.

입술을 들썩였지만 이내 긴 숨을 내쉬고 세상을 떠났다.



#インタビュー:文芸評論家 チョン・ソヨンさん

タロットを通して、ダニエルはセヒに向かって、過去の傷が作り出した現在の殻を抜け出し、新しい自分を見つけるよう話しています。セヒは偽の愛着と希望で喪失感を埋めてきました。カップの中の水を流してしまうように、それらを捨てた時、本物の関係を築きながら生きていくことができると説いているのです。




作家:チョン・ハナ(1982. ~ 、ソウル生まれ)

デビュー:2007年 第12回文芸誌「文学村」で長編小説「月の海」当選

受賞:2019年 第24回韓戊淑文学賞 受賞など

おすすめのコンテンツ