メニューへ 本文へ

ペット用の牛乳を製造・販売する「フード・マスター・グループ」

#韓国技あり企業 l 2019-11-25

週間経済フォーカス

© Food Master Group

きょうご紹介した企業は、ソウル市鐘路(チョンロ)区にある中小企業で、ペット用の牛乳を製造・販売する「フード・マスター・グループ」です。「フード・マスター・グループ」は、2017年3月に設立された食品のベンチャー企業です。

韓国ではペットを飼う人が1000万人を超え、ペットフードに対する関心も高まっています。少子化で子どもの数が減少し、牛乳の消費が減っていますが、ペット専用の牛乳「ペットミルク」だけは、成長が目立っています。

「フード・マスター・グループ」が発売した世界で最初のペット用の低脂肪牛乳「ドクター・ホリ・ペットミルク」は、獣医学、乳製品、薬学をそれぞれ専門とする大学の教授が開発に参加しています。肥満、皮膚病、ひざ周辺の脱臼、消化器疾患など、ペットで多くみられる様々な健康問題を研究したうえで開発しました。年齢や好みに考慮した8種類の製品を販売しています。


© Food Master Group

「フード・マスター・グループ」は、消費者から高い支持を得ていて、ことしは、ソウル産業振興院によって、7つの製品が「2019ソウル・アワード」の優秀商品に選ばれる快挙をあげました。現在、インドネシア、ベトナム、中国、香港のバイヤーとの間で、輸出に向けた商談が進められていて、今後、輸出が本格的に増える見込みです。来月は、ペット用の栄養剤を発売する計画です。

大きな成長が見込まれるペットケア製品の市場で、「フード・マスター・グループ」はどんな活躍を見せてくれるのか、楽しみです。

おすすめのコンテンツ