メニューへ 本文へ

画期的な海外送金サービスを提供する「モイン」

#韓国技あり企業 l 2020-07-27

週間経済フォーカス

ⓒ MOIN

きょうご紹介した企業は、ソウル市瑞草(ソチョ)区にある金融とITを融合したフィンテック企業「モイン」です。

「モイン」は2016年に設立され、ブロックチェーン技術を基盤に海外送金サービスを提供しています。現在30か国への送金サービスを行っています。

海外送金サービスは、銀行が中心となって行っていますが、その仕組みは非常に非効率的です。そのため、海外送金をする際には、送金を行う銀行に支払う手数料、海外の中継銀行・受取銀行に払う手数料、ウォンから特定通貨に両替する際に発生する両替費用など様々な費用がかかり、時間もかかります。

「モイン」は、銀行が提供する海外送金サービスが持つ課題を改善し、なおかつ安全性を確保した送金サービスを開発しました。「モイン」の海外送金サービスは、中継銀行を介さずに直接受取人の口座に送金するため、手数料が安く、送金にかかる時間も非常に短いのが特長です。特に、ブロックチェーン技術を採用しており、送金情報が改ざんされたりする危険性がありません。

革新的なサービスによって迅速で安い送金サービスを提供している「モイン」は、グローバル市場でも高い技術力を認められ、世界4大会計事務所の1つ、「KPMG」によって2019年注目のフィンテック企業100社に選ばれました。また、ことし6月には、科学技術情報通信部から「官民協力にもとづく情報通信技術スタートアップ育成企業」にも選ばれました。

「モイン」は、絶え間ない技術開発と海外進出の努力により、さらなる飛躍を目指しています。


ⓒ MOIN

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >