メニューへ 本文へ
Go Top

ゴールデン・グローブ賞、「イカゲーム」に助演男優賞

2022-01-15

ニュース

ⓒYONHAP News

アカデミー賞の前哨戦といわれるゴールデン・グローブ賞が9日に発表され、Netflixで配信されている韓国のサバイバルドラマ「イカゲーム」に出演した、ことし77歳のオ・ヨンスが助演男優賞を受賞しました。

韓国の俳優がゴールデン・グローブ賞を受賞するのは初めてです。

「イカゲーム」は、ドラマ作品賞、主演男優賞にもノミネートとされましたが、こちらは受賞獲得とはなりませんでした。

助演男優賞には、「キング・オブ・メディア」のキーラン・カルキン、「ザ・モーニング・ショー」のビリー・クラダップやマーク・デュプラスなどがノミネートされたなかで、オ・ヨンスが韓国の俳優としては初めて選ばれました。

「イカゲーム」は、韓国ドラマとして初めてドラマ作品賞を受賞するのではないかと期待されましたが、作品賞は「キング・オブ・メディア」が受賞、主演男優賞は「キング・オブ・メディア」のジェレミー・ストロングが受賞しました。

韓国のドラマや韓国の俳優が主演として出演した映画はこれまで、ゴールデン・グローブ賞にはノミネートされたことがなく、ノミネートされたこと自体が韓国の映画やドラマにとって史上まれに見る快挙と受け止められています。

「イカゲーム」は、Netflixで配信されている韓国のサバイバルドラマのシリーズで、多額の借金を抱えた456人のプレイヤーたちが賞金456億ウォン、およそ45億円を手に入れるために命を賭けて子供の遊びを行うというサバイバルドラマのシリーズです。

オ・ヨンスは、456人の参加者のうち最初の参加者で、人の命を担保にする殺人ゲームという極端な状況でも純粋にゲームを楽しむ人物、オ・イルナムを演じました。

オ・ヨンスは、東国大学演劇映画学科を卒業、1963年から演劇俳優として活動しました。

映画やテレビドラマにも出演したことがありますが、主に演劇を中心に活動したことから一般の認知度はさほど高くない俳優です。

現在も、韓国の演劇のメッカである大学路で上演されている「ラストセッション」に出演中です。

一方、ことしのゴールデン・グローブ賞の授賞式は、テレビ放映なしで開催されました。

これは新型コロナウイルスのまん延とは関係なく、ゴールデン・グローブ賞を主催するハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)のメンバーに黒人がいないことから人種差別の論議が巻き起こり、一方でハリウッド外国人映画記者協会で不正や性差別などが横行しているとの疑惑も浮上、ハリウッドのスターたちがボイコットしたことによるものとみられます。

授賞式には「イカゲーム」の監督や俳優らも参加しませんでした。

ゴールデン・グローブ賞については、昨年まで台詞の50%以上が英語でない場合は外国語映画に分類する規定があったことから、非英語圏の作品に対して排他的だとする指摘もありました。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >