メニューへ 本文へ
Go Top

『JUNG_E/ジョンイ』ヨン・サンホ監督 「カン・スヨンさんが映画化の理由で原動力」

2023-01-12

K-POP INDEX

ⓒ YONHAP News

 昨年5月に亡くなった俳優、カン・スヨンさんの遺作『JUNG_E/ジョンイ』がベールを脱ぎます。


 12日にソウル・ロッテシネマ建大入口にて、Netflix映画『JUNG_E/ジョンイ』の制作報告会が行われ、監督のヨン・サンホをはじめ、俳優のキム・ヒョンジュ、リュ・ギョンスが出席しました。


 本作は、気候変動で荒廃した近未来の地球を舞台に、移住先のシェルターで起きた戦争を終わらせるため、優れた傭兵だった「ジョンイ」の脳データを複製し、最強の戦闘AIを開発しようとする人々を描いたSFアクションです。


 ヨン・サンホ監督は、カン・スヨンさんが演じた人工知能研究所の研究員、ソヒョンについて「ジョンイプロジェクトの担当者でジョンイの娘。植物人間となった母親の脳を複製し、母親を永遠の英雄にしようとするキャラクター」と紹介しました。


 台本を書いた時には映画化を考えていなかったというヨン・サンホ監督は「この映画は、ソヒョンという人物の私的な物語。もし映画化するならソヒョンは誰かと考え、カン・スヨンさんが思い浮かんだ。その時から映画にしたいと思うようになった」と映画化のきっかけを明かしました。


 さらに「出演依頼する前からカン・スヨンさんを主人公として撮ってみたいとNetflixに話していた。カン・スヨンさんがこの映画を企画することになった理由であり、ここまで来ることができた原動力」と説明しました。20日公開。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >