メニューへ 本文へ
Go Top

韓国ならではの秋の旬の食材

#ソウル・暮らしのおと l 2023-11-17

金曜ステーション

ⓒ Getty Images Bank
1. チョノ(전어)=コノシロ
秋の旬といえば真っ先に思いつくくらいポピュラーな秋の魚です。韓国ではおもに南海と西海で獲れます。旬を迎えたチョノは、ほどよく脂がのっていて、焼いてもよし、刺身でも良し。チョノを焼く香ばしいにおいで「家出した嫁も戻ってくる」(집 나간 며느리도 다시 돌아오게 한다)ということわざがあるくらい。それくらい美味しいということです。

ⓒ Getty Images Bank
2. コッケ(꽃게)=ワタリガニ
コッケの旬は2回あり、産卵期の春はメスのコッケ、そして秋の時期は肉厚になったオスのコッケが旬なんです。コッケをしょうゆダレに漬けこんだカンジャンケジャンは季節に関わらずいつでも食べられますが、旬の時期にはぜひ、新鮮なコッケを蒸してそのまま食べる、というのがオススメです。ジューシーな肉がたっぷり詰まっています。ただし、殻をむくのに夢中になってつい無言になるので、一緒に食べるひとは選んだほうがいいかも……。

ⓒ Getty Images Bank
3. ホンシ(홍시)=完熟の柿
秋の果物で代表的なのが柿。なかでも、やわらかく熟しきった柿をホンシと呼びます。ゼリーのようにぷるぷる、とろっとしていて、スプーンですくって食べるくらいのやわらかさ。日本ではここまで完熟の柿はあまり売っていないような気がしますが、韓国ではスーパーなどでも手軽に買えます。太陽をたっぷり浴びて熟したホンシはビタミンが豊富。免疫力を高めてくれます。また、二日酔いの酔い覚ましにも効果があるんです!

ⓒ Getty Images Bank
4. ヌルグンホバク(늙은호박)=かぼちゃ
直訳すると「年老いたかぼちゃ」。その名の通り、育ちすぎた大きなカボチャです。表面が黄色くちょっと平たい形で、人の頭より大きなお化けカボチャがこの時期に出荷されます。 水分が多くて栄養価が高く、 むくみを取る効果があります。もちろん蒸したり煮物にしたりと、いろんな料理に使われますが、おすすめなのが「かぼちゃ粥(호박죽)」。もち米の粉を入れてとろとろに煮込んだもので、体がほかほかに温まります。

収穫の秋を迎え、冬の寒さがやってくる直前のこの時期に、もし韓国を訪れる機会があれば、ぜひ旬の食べ物を楽しんでみてくださいね!

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >