メニューへ 本文へ

経済

遺伝子検査キットを製造・販売する「ヌリバイオ」

#韓国技あり企業 l 2020-08-03

週間経済フォーカス

ⓒ NuriBio

きょうご紹介した企業は、京畿道(キョンギド)安養(アニャン)市にある中小企業、「ヌリバイオ」です。「ヌリバイオ」は2014年12月に設立され、遺伝子解析のプラットフォームを開発しました。

がん細胞から血液などの体液中に放出されたDNAのうち、発症に関係する変異を調べるリキッドバイオプシー=液体生検は、内視鏡や針を使って腫瘍組織を採取する従来の生検に比べて、体への負担が少なく、採取の方法が容易で繰り返し実施でき、がんの状態がリアルタイムで評価できるほか、網羅的な遺伝子情報が得られるなどといった利点があります。しかし、検体が微量である場合は検出が難しく、解析のエラーが起きる確率が高いことが課題でした。

こうした課題を補完したのが、「ヌリバイオ」の遺伝子解析プラットフォーム「プロマー(PROMER)」です。「ヌリバイオ」では、「プロマー」を使って、従来の技術に比べてより正確かつ迅速に疾患を発見する検査キットを開発、生産するのに成功しました。精度の面で、従来の技術に比べて10倍から100倍ほど高い性能を誇っています。現在、膵臓がんと大腸がん、肺がんは、突然変異を起こした遺伝子、数十種類を検出することができます。

高い技術力を認められ、「ヌリバイオ」は韓国のメディアが主催した「2019下半期 大韓民国優秀特許大賞」を受賞しました。

「ヌリバイオ」は、革新的な技術をもとに、より多くの疾患を高い精度で、リーズナブルな費用で検査できるようにするために努めています。

全ての人が適切な予防、治療、リハビリなどの保健医療サービスを、必要な時に支払い可能な費用で受けられるユニバーサルヘルスケア=普遍的な医療サービスの提供を目指す「ヌリバイオ」。「ヌリバイオ」がどんな未来をつくりだすのか、楽しみにしたいと思います。


ⓒ NuriBio

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >