メニューへ 本文へ
Go Top

文化

「八つの帽子で残ったあなた」- 朴婉緖(パク・ワンソ)

#ラジオ図書館 l 2022-01-04

ラジオ図書館

ⓒ Getty Images Bank

うちにある桐のタンスの上の引き出しには男ものの帽子が八つも入っている。

下の引き出しは空だ。

タンスの上には一人の男の写真が置かれている。



八つの帽子はすべて、

彼が死をまじかにして最後の一年間に買い集めたものだ。


帽子が流行していたわけでもないのに、一年間に八つも買うなんて、

何も知らない人は、彼が身なりに気を遣う、

おしゃれな紳士だと思うかも知れないが、そうではない。


彼の遺品を整理しながら、

高級品が一つもないことに驚き、

決まり悪い思いをしたこともあった。


여덟 개나 되는 모자는 다 그의 죽음을 앞 둔

마지막 일 년 동안에 사 모은 것이다.


모자가 유행하는 시대도 아닌데, 일 년 동안 모자를 여덟 개 씩이나 사다니,

누가 들으면 그가 몸치장 따위에 취미가 각별한 

멋쟁이 신사였다고 여길지도 모르지만 전혀 아니다.


나는 그의 유품을 정리하면서 

어쩌면 이렇게 단 한 가지도 값나가는 게 없을까 

놀라고 민망해한 적이 있다.



#インタビュー:文学評論家 パン・ミノさん

主人公が結婚したのは韓国戦争がまだ終わっていない時期でした。そんな時代に主人公はひと月分の給料をはたいて夫に帽子をプレゼントします。主人公にとってその帽子は夫に対する愛の表現でした。そして、夫の人生の最後を象徴するのも帽子でした。小説に登場する帽子は夫へ向ける主人公の心を意味しています。



彼が選んだ人間らしい最善は

惜しみある大切な時間をいつものように過ごすことで、

私にできる最善はその一瞬一瞬を、彼に熱中することだった。


最後の一年は、本当にもったいない時間だった。

死を宣告された人との時間のもったいなさを

何に例えられよう。


歳月の流れは早瀬のように感じられ、

しばしば時間がきらめいた。

もったいない時間のきらめきは幸せとは違っていた。

八つの帽子にはそのきらめく時間の思い出がある。


私だけが知っている。       


그가 선택한 인간다운 최선은 

가장 아까운 시간을 보통처럼 구는 거였고,

내가 할 수 있는 최선은 그에게 순간순간 열중하는 것이었다.   


마지막 일 년은 참으로 아까운 시절이었다.

죽을 날을 정해놓은 사람과의 나날의 아까움을 

무엇에 비길까.


세월의 흐름이 빠른 물살처럼 느껴지고

자주자주 시간이 빛났다.

아까운 시간의 빛남은 행복하고는 달랐다.

여덟 개의 모자에는 그 빛나는 시간의 추억이 있다.


나만이 아는.     




作家:朴婉緖(パク・ワンソ) (1931.10.20.~2011.01.22、京畿道生まれ)

デビュー:1970年 小説「裸木」

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >