メニューへ 本文へ

エンタメニュース

中華圏出身のK-POPアイドルら 香港デモに中国支持を表明

2019-08-16

K-POP INDEX

© YONHAP News / JYP Entertainment

中国語圏出身のK-POPアイドル歌手が、香港で続いている犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを認める「逃亡犯条例」改正案に反対するデモに関し、「一つの中国」政策を掲げる中国政府を支持することを表明しました。


韓国でデビューした中国、台湾、香港出身のアイドル歌手は最近、中国SNSの微博(ウェイボー)に中国国旗とともに「五星紅旗の守護者は14億人いる。私は国旗の守護者だ」という文を掲載。また「香港警察を支持する。香港は恥ずかしい」という文も掲載しました。投稿したアイドル歌手はEXOレイ、f(x)ビクトリア、SEVENTEENジュン、THE8、宇宙少女ソニ、ソンソ、ミギ、元I.O.Iチュ・キョルギョンなど多数。中でも台湾出身の元Wanna Oneライ・グァンリンと香港出身のGOT7ジャクソンも賛同し、注目を浴びています。


また、EXOレイはサムスン電子のウェブサイトの国家表記が「一つの中国」の原則に反するとして、同社との広告モデル契約を解除したことも伝えられました。

おすすめのコンテンツ