メニューへ 本文へ
Go Top

韓国語講座

ドクタープリズナー (11) 아니긴 뭐가 아니야!

#ドラマ韓国語 l 2021-12-12

ドラマ韓国語

きょうのセリフ

ウィシク(의식) : 우리 선과장님 참 여러 가지 하십니다.

보험사기에 허위진단서에 이제 하다하다 살인입니까?

(保険金詐欺に診断書の偽造 挙げ句に殺人とは)

ミンシク(민식) : 몇 번을 말씀 드립니까? 저 아니라니까요.

(だから 私はやっていません)

ウィシク(의식) : 아니긴 뭐가 아니야! 정의원 몸에서 포타슘 성분이 왕창 나왔는데

(嘘をつけ!被害者から大量のカリウムが検出されたんだ)

(アニギン モガ アニヤ)

당신 현장검거 될 때 포타슘 주사기 들고 있었잖아!

(あんた捕まった時 カリウム注射器持っていただろう!)


説明

아니다---[形容詞] ではない

뭐---[代名詞] なん、なに 「何」


最初の“아니긴”と最後の“아니야”は「違う」という意味の“아니다”が変形したもので、間にある“뭐가”は「何が」という意味になります。”아니긴 뭐가 아니야”を直訳すると「違うって何が違うのよ」になり、相手が何かについて「それは違う」と否定したとき、「何が違うだ、違わないでしょう?」または「嘘つくなよ」という意味で使うことができます。

ドラマのシーンでは、決定的な証拠があるのに容疑を否認するミンシクに、検事のウィシクが“아니긴 뭐가 아니야!”「嘘つけ!」と怒鳴りつけていました。

このフレーズは、このようなピリピリした場面だけでなく、日常的なシーンでもよく使います。例えば、一日中ニヤニヤしている友達に「なんかいいことあった?」と聞いたものの “아니 없는데?”「別に。いいことなんかないよ」という答えが返ってきたとき、“아니긴 뭐가 아니야! 빨리 말해~!”「嘘おっしゃい!早く白状しな~!」という感じで使うことができます。

ドラマでもよく聞きますが、日常でも本当によく使うフレーズですし、覚えやすいと思うので、ぜひぜひチェックしてみてください。


使い方

①    どう見ても怒っているのに怒ってないという友達にこの一言→“아니긴 뭐가 아니야”(嘘おっしゃい)

②    道に迷った二人。右に進もうとしたら「そっちじゃないよ」と友達に言われてこの一言→“아니긴 뭐가 아니야. 이쪽이 맞아”(いや こっちで合ってるって)


おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >