メニューへ 本文へ
Go Top

韓国語講座

赤い靴 (5) 아무거나요

#ドラマ韓国語 l 2022-05-02

ドラマ韓国語

きょうのセリフ

コンウク(건욱): 커피, 아이스로 줘요 따뜻한 걸로 줘요?

(コーヒー、アイスとホット、どっちがいいですか?)

ヘビン(혜빈): 아무거나요. 아니 안 마셔요!

(どっちでも…あ、やっぱり要らないです!)

(アムゴナヨ)

コンウク(건욱): 비싼 것만 마시니까 뭐 우리 집 싸구려는 입에 맞겠어요? 

잘 생각했어요.

(そうですよね 金持ちのお嬢さんには

安物のコーヒーなんて口に合わないですよね)

へビン(혜빈): 뭐야? 재수 없어!     

¬(何よ 感じ悪い!)


説明

아무것---[名詞] なん・なに

나---[助詞] でも


”아무거나“の“아무거”は「何も」という意味の”아무것”の話し言葉で、”나”は、なんでも構わないという意味の助詞、「~でも」に当たります。”아무거나“を訳すと、”なんでも“になり、今日のフレーズのように敬語で言う時は、語尾に”요“をつけて”아무거나요“と言います。 

このフレーズは、相手に何を選ぶか聞かれ、「なんでもいいですよ」と言うときに使うフレーズで、”아무거나요“と言うだけでもオッケーですし、”아무거나 좋아요“や、”아무거나 괜찮아요” ともよく言います。

「物」ではなく、「どこに行きたい?」と、場所を聞かれて「どこでもいいですよ」と言いたいときは、“거”の代わりに、所、場所を意味する“데”を入れて“아무데나요”、「いつでもいいですよ」と言いたいときは、時や時刻を意味する“때”を入れて“아무때나요”、「誰でもいいですよ」と言うときは、“거”を取って“아무나요”になります。

まとめると、ものは、“아무거나요”、場所は、“아무데나요”、時は、“아무때나요”、人は、“아무나요”。一緒に覚えたら便利ですので、ぜひチェックしてみてください。


使い方

①    ネイルサロンで「今日はどの色にします?」と聞かれてこの一言→“아무거나요”(なんでもいいです)

②    「バスと地下鉄、どっちに乗ろうか?」と聞かれてこの一言→“아무거나요”(どっちでもいいですよ)


おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >