メニューへ 本文へ

© YONHAP News

今月12日、「脱北者の親子が餓死していた」というニュースがありました。餓死を逃れようと韓国までやってきたのに、ここで餓死してしまったという報道で非常にショッキングなニュースでした。

しかしその後の続報を見ると、事件はそんなに単純な物ではないことが分かりました。この事件、最初の報道は

ソウル冠岳警察署は先月31日、ソウル市冠岳区奉天洞のマンションで脱北者の女性(42)と息子(6)が死亡しているのが発見されたと今月12日、明らかにした。遺体の腐敗状態から見て、警察はこの親子の死亡時期を約2カ月前と推定している。

親子の遺体はマンション管理人の通報により発見されました。通報者は警察の事情聴取に「水道料金未納で断水しているのに、何の話もないので訪ねて行き、マンション通路側の窓を開けたところ倒れているのが見えた」と話しています。親子は室内でそれぞれ別の部屋で死亡していました。

警察関係者は「さまざまな況から見て、親子は餓死したと推定される 」と話しており、 法医学専門家は「養失調態がくと複の疾病が症して合症により死に至るが、一般的に『餓死した』と表現する」と話しています。

発見当時、この家には食べられる物と言えば唐辛子の粉だけだったということです。 室内で発見された通帳の残高は「0ウォン」。5月中旬に3858ウォン(約330円)の残高を全額下ろしたのが最後で、親子の死亡推定時期はそれから約2週間後ということです。

続報によると、この女性、中朝国境地域で商売をしていて脱北し、中国とタイを経由して2009年に韓国に来ました。脱北者は定着支援施設「ハナ院」で2カ月間の適応教育をうけますが、彼女もここで製パン技術も学び積極的に韓国社会に溶け込もうと努力していました。政府からの財政支援も9ヶ月で終えたといいます。

彼女には夫がいました。朝鮮族の男性で2人の間には男の子も誕生、その後、夫が慶尚南道統営の造船所で働くことになり、一家は統営に移り住みます。しかし造船業界が不況に陥り、彼女の夫は職を失います。そして一家は夫の実家の中国に移り住みました。しかし去年末、女性は離婚し息子と2人だけで韓国に戻ってきました。

女性の知人は「息子に病があると聞いた。そのため、子守をしてくれる人がいなくて、外にきに行けなかったそうだ」と話しています。またある北者は「生計を立てるのが困難な北者は『北韓離住民支援財』に申請すれば支援金を受け取ることができるが、子どものために家の外に出てほかの北者にうのが難しかったこの女性は制度を知らなかったようだ」と話しています。

死亡する直前、この親子の定期収入は1カ月10万ウォン(約8600円)の養育手当だけだったことも分かりました。この事件、亡くなったのがたまたま脱北者であったというだけで、実は福祉の死角地帯、貧困家庭の問題だったのではないかと感じました。

おすすめのコンテンツ