メニューへ 本文へ

韓半島

北韓 核実験場の坑道を爆破 

Write: 2018-05-24 19:53:12Update: 2018-05-25 10:09:36

Photo : YONHAP News

北韓は24日、東北部の咸鏡北道(ハムギョンブクド)吉州郡(キルジュグン)豊渓里(プンゲリ)にある核実験場の3つの坑道を相次いで爆破しました。
豊渓里の核実験場には4つの坑道があり、このうち3つの坑道が爆破されたということです。
現地入りした韓国記者が伝えてきたところによりますと、北韓は韓国やアメリカ、中国、ロシア、イギリスの5か国のメディア取材陣が見守るなか、24日午前11時に、2回目から6回目までの核実験に使用した2番坑道や観測所を爆破したのに続き、まだ使用していない4番坑道や3番坑道などを午後4時17分までに相次いで爆破しました。
2006年10月初の核実験に使用し、汚染のため閉鎖された1番坑道については情報がありませんが、すでに崩落していて爆破する必要がなかったのではないかとする見方も出ています。
4月27日に行われた南北首脳会談で、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は「既に使えなくなった核実験場を閉鎖するという見方があるようだ。来てみれば分かるが、既存の実験施設よりも大きな坑道がさらに2本あり、大変健在だ」と述べ、非核化の実現に向け5月中に核実験場を廃棄する意思を表明していました。
しかし核実験場の廃棄式典に北韓の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が出席したかどうかは確認されていません。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >