メニューへ 本文へ

韓半島

レンジャーズの秋信守 アジア出身で最多本塁打

Write: 2018-05-28 11:36:41Update: 2018-05-28 11:36:41

レンジャーズの秋信守 アジア出身で最多本塁打

Photo : YONHAP News

レンジャーズの秋信守(チュ・シンス)選手は27日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦の延長10回にソロ本塁打を放ち、サヨナラゲームの立役者となりました。
今シーズン8号、2試合連続本塁打です。
サヨナラ本塁打は2013年5月以来、5年ぶり3回目です。
秋信守選手はメジャー通算176本塁打となり、日本の松井秀喜氏の記録を抜いて、アジア出身選手として歴代最多に躍り出ました。
秋信守選手は2005年にメジャーデビューを果たし、シーズン最多本塁打は22本です。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >