メニューへ 本文へ

スポーツ

兵役免除のソン・フンミン 移籍金1億ユーロ突破

Write: 2018-09-12 10:11:45

兵役免除のソン・フンミン 移籍金1億ユーロ突破

Photo : YONHAP News

ジャカルタ・アジア大会のサッカー男子で金メダルを獲得し、兵役免除となったプレミアリーグ・トッテナムのソン・フンミンの推定移籍金が、1億ユーロを超えたもようです。
スイスのスポーツ研究国際センター(CIES)の評価によりますと、現地時間の10日の時点で、ソン・フンミンの推定移籍金は、1億230万ユーロ、日本円でおよそ131億9500万円だということです。
1億230万ユーロは、スポーツ研究国際センターが評価したソン・フンミンの移籍金としては最高額です。
スポーツ研究国際センターは、選手と所属チームの成績、年齢、ポジションなどを総合的に考慮して選手の移籍金を評価しています。
ソン・フンミンが2015年にドイツ・ブンデスリーガのレバークーゼンからイングランド・プレミアリーグのトッテナムに移籍した際の移籍金が3000万ユーロだったことを考えると、この3年間で3倍以上に上がったことになります。
スポーツ研究国際センターの評価によりますと、去年12月のソン・フンミンの推定移籍金は6680万ユーロでしたが、ことしに入って急激に上昇し、ロシアワールドカップ閉幕後は、9980万ユーロ、ジャカルタ・アジア大会で金メダル獲得後は1億ユーロを超えました。
アジア大会で優勝を逃していれば、兵役期間のおよそ2年間、経歴断絶が避けられなかったソン・フンミン。
アジア大会での優勝で、兵役リスクがなくなっただけに、今シーズン、プレミアリーグでの活躍が続けば、移籍金はさらに上昇すると見込まれます。

おすすめのコンテンツ