メニューへ 本文へ

社会

コメ生産量さらに減少 価格上昇の可能性も

Write: 2018-10-01 10:08:34

コメ生産量さらに減少 価格上昇の可能性も

Photo : Getty Images Bank

コメの生産量が去年は初めて400万トンを下回りましたが、ことしはさらに減少し、コメの価格が上昇するものとみられます。
韓国農村経済院によりますと、ことしのコメの生産量はおよそ387万トンになるものと予想され、これまででもっとも少なかった去年に比べてさらに3%程度減少するものとみられるということです。
コメの生産量は2009年492万トンにまで増加しましたが、翌年から減少に転じたあと、2013年から2015年までの間は一時的に上昇したものの、2016年からは再び減少しています。
また、ことしの稲の栽培面積は73万8000ヘクタール、栽培面積10ヘクタール当たりの生産量は524キログラムで、いずれも去年に比べて減少するものとみられます。
さらに、稲の栽培面積1平方メートル当たりの米粒の数は3万3531個で、去年に比べて1.2%減少する見込みです。
収穫期のコメの価格は、80キログラムを基準に平年で16万4357ウォンとなっていますが、2016年に一時的に12万9807ウォンにまで減少して以来増加に転じ、去年は15万3213ウォンに値上がりし、ことしはさらに上昇するものとみられます。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >