メニューへ 本文へ

社会

平壌冷麺の「玉流館」 韓国支店交渉へ

Write: 2018-10-08 11:46:16

平壌冷麺の「玉流館」 韓国支店交渉へ

平壌冷麺(ピョンヤンネンミョン)で有名な北韓レストランの「玉流館」の韓国支店第1号のオープンに向けた韓国と北韓の交渉が始まる見込みです。
2007年10月の南北首脳会談の結果として出された南北の共同宣言である「10.4宣言」を記念する行事に参加するため、北韓を訪問していた京畿道(キョンギド)の李華泳(イ・ファヨン)平和副知事が、7日、明らかにしました。
それによりますと、京畿道は、北韓の高官らと協議を行い、南北間の交流や協力を深めるための6つの事業をともに進めることで合意したということです。
とりわけ、最近の韓国と北韓の交流の場で北韓の郷土料理として出され、韓国でも注目を集めている平壌冷麺で有名な北韓レストラン「玉流館」の韓国支店第1号を京畿道にオープンするための協議が始まる見込みです。
また、11月15日に開催される「アジア太平洋の平和・繁栄に向けた国際大会」という学術大会に北韓の代表団が参加することや、北韓の農林・畜産部門の環境改善に向けた試験事業などについて話し合われる予定だということです。
南北間の交流・協力のための共同事業は、2010年3月、韓国海軍の哨戒艦「天安(チョナン)艦」が北韓の魚雷攻撃で沈没し、乗組員の海軍兵士46人が死亡したことをきっかけに中断されたままとなっています。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >