メニューへ 本文へ

社会

「私は元気」 国民の3割

Write: 2018-10-29 10:44:54

「私は元気」 国民の3割

Photo : YONHAP News

「自分は元気だ」と思う人の割合が、国民全体の3割程度に止まっていることがわかりました。
OECD=経済協力開発機構がまとめたところによりますと、2016年現在、15歳以上の韓国国民のうちで、自分の健康状態について「とても良い」、または「良い」と答えた人は合わせて32.5%でした。
OECD加盟国全体の平均は67.5%でした。
ほかにも、自分は元気だと思う人の割合がOECD加盟国全体の平均を下回った国は、日本35.5%、リトアニア43.2%、ポルトガル47.6%などでした。
一方、ある年齢の人の寿命の予測値である「平均余命」で、韓国で2016年に生まれた子どもの平均余命は82.4歳で、OECD加盟国全体の平均の80.8歳を上回りました。
OECD加盟国のなかで平均余命がもっとも長い国は日本の84.1歳で、もっとも短い国はラトビアの74.7歳でした。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >