メニューへ 本文へ

文化

映画「1987」が3部門受賞 青龍映画祭

Write: 2018-11-24 13:14:02Update: 2018-11-24 20:28:01

映画「1987」が3部門受賞 青龍映画祭

大鐘賞と並ぶ、もうひとつの韓国映画の賞、青龍映画祭で、映画「1987」が最優秀作品賞など3部門を受賞しました。
第39回青龍映画祭の授賞式は、23日夜、ソウルの慶煕(キョンヒ)大学の平和の殿堂で行われました。そして去年制作されたチャン・ジュナン監督の映画「1987」が最優秀作品賞に、この映画に主演したキム・ユンソクに主演男優賞、撮影・照明賞もこの映画と、合わせて3つの部門での受賞が発表されました。
「1987」は、1987年1月、全斗煥政権のもと、国民による大統領直接選挙の導入を求めるデモに参加した疑いで逮捕された22歳の大学生が、警察署での暴力による取り調べで死亡した事件をきっかけに、民主化を求める国民の声が全国に広がるという内容で、去年12月に公開され、700万人の観客を集めました。
この映画は、日本でも「1987、ある闘いの真実」というタイトルで、ことし9
月から公開されています。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >