メニューへ 本文へ

政治

与野党議員8人が独島訪問 施設視察など実施

Write: 2018-11-27 11:05:32

与野党議員8人が独島訪問 施設視察など実施

Photo : KBS News

与野党の国会議員でつくる国会独島訪問団が26日午前、独島(トクト、日本でいう竹島)を訪問し、現地の施設を視察したほか、警備隊の隊員を激励しました。
独島を訪問したのは、最大野党「自由韓国党」の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)議員を団長とする国会独島訪問団に所属する与野党議員8人と民間団体メンバーの合わせておよそ20人で、独島訪問団が独島を訪れたのは2016年8月以来となります。
独島では27億7500万ウォンの予算が投じられ、警備隊施設の補修、発電機の取り替えなど、施設環境改善事業が進められてきており、訪問団は、関連施設を視察しました。また、独島警備隊の隊員を激励したほか、海上監視体制を確認しました。
韓国の国会議員らによる独島訪問を受けて、外務省の金杉憲治・アジア大洋州局長は26日、在日韓国大使館の金敬翰(キム・ギョンハン)次席公使に抗議したと、共同通信が伝えました。
これに先立ち、国会教育委員会所属の与野党議員も10月25日の「独島の日」に合わせて先月22日に独島を訪問し、日本政府が韓国側に抗議しています。

おすすめのコンテンツ