メニューへ 本文へ

政治

長期失業者15万4000人 過去最多

Write: 2019-01-14 10:53:55Update: 2019-01-14 10:54:29

長期失業者15万4000人 過去最多

Photo : YONHAP News

失業したあと、新しい仕事を探している期間が6か月以上に渡る「長期失業者」の数が、過去最多となったことがわかりました。
統計庁によりますと、2018年現在、失業者の数は合わせて107万3000人で、このうち、就職活動をしている期間が6か月以上に渡る長期失業者の数は15万4000人でした。
長期失業者の数が15万人を超えたのは、関連の統計を取り始めた2000年以来初めてです。
長期失業者の数は、2013年6万4000人でしたが、2014年7万1000人、2015年9万8000人、2016年13万3000人、2017年14万6000人に上るなど、ここ5年間、毎年増加しています。
一方、2018年現在、就職を諦めた人は52万4000人で、1年前に比べて4万3000人増加し、関連の統計を取り始めた2014年以来の最多となりました。
また、通学または仕事をしていない人の数は合わせて69万3000人で、1年前に比べて2万4000人増加し、関連の統計を取り始めた2003年以来の最多となっています。

おすすめのコンテンツ