メニューへ 本文へ

経済

韓国開発研究院報告書「生産と需要の減速傾向続く」

Write: 2019-02-12 14:40:10Update: 2019-02-12 14:55:19

韓国開発研究院報告書「生産と需要の減速傾向続く」

Photo : YONHAP News

政府系シンクタンクのKDI=韓国開発研究院が韓国のいまの景気状況について、4か月連続で減速傾向が続いているという判断を示しました。
KDIは2月の経済動向に関する報告書で、最近の韓国経済について、「生産と需要のいずれもで減速傾向が続いていると判断される」と明らかにしました。
また、鉱工業の生産や、サービス業の生産の増加幅が小さく、建設業も振るわなかったほか、需要面でも内需と輸出がともに冷え込んだと説明しました。
KDIは去年11月から、景気が減速傾向にあるという見方を示してきました。

おすすめのコンテンツ