メニューへ 本文へ

韓半島

トランプ米大統領 分担金追加引上げを要求

Write: 2019-02-13 14:55:04Update: 2019-02-14 13:15:13

トランプ米大統領 分担金追加引上げを要求

Photo : YONHAP News

アメリカのトランプ大統領は、在韓米軍駐留経費の韓国側分担金について、韓国側はさらに5億ドル負担することに同意したとしたうえで、韓国側分担金はさらに引上げるべきだと述べたということです。
トランプ大統領は12日の閣議で、在韓米軍駐留経費としてアメリカは50億ドルを使っているが、韓国側は5億ドルを分担してきたと指摘し、アメリカの引上げ要求で韓国側は5億ドルをさらに負担することになったと述べたということです。
韓国とアメリカは、韓国側分担金を去年より8.2%増えた1兆389億ウォンに引上げることで基本合意し、10日に韓米防衛費分担金特別協定に仮署名しました。
トランプ大統領は韓国側分担金の引上げ額が5億ドルだとしましたが、このほど基本合意した金額とは差があり、思い違いなのか、自らの業績をアピールすためなのかは明らかになっていません。
いずれにしても、トランプ大統領が韓国側分担金をさらに引上げるべきだと発言したことで、今年下半期に始まる見通しの来年度分担金交渉でも、アメリカ側の引上げ要求はさらに強まるものとみられます。
一方、大統領府青瓦台の関係者は、分担金の追加引上げを既定事実として受け止めるべきではないとの立場を示しました。

おすすめのコンテンツ