メニューへ 本文へ

社会

違法サイトへの接続を遮断 強化政策に不満の声

Write: 2019-02-15 10:29:15

違法サイトへの接続を遮断 強化政策に不満の声

Photo : YONHAP News

韓国放送通信委員会が「違法サイトへの接続を遮断する」として強化政策を打ち出したのに対して、ネット上で不満の声が広まっています。
11日、放送通信委員会は、KT、LGユープラス、SKブロードバンドなどの国内の主要インターネットサービスプロバイダーに、審議を通して有害だと判断された895件のサイトを遮断するよう要請しました。このうちの776件は違法賭博サイト、96件は違法アダルトサイトで、そのほかに著作権に関連して問題があるサイトが11件などでした。。
それまでは接続が遮断されているサイトでも、迂回してアクセスすることができましたが、新しく施行された遮断方式では、それができなくなりました。
しかし、今回の政策について、ネット上では「過度なプライバシー侵害だ」「パケット盗聴や検閲になりかねない」などの批判が出ました。
とくに、11日に大統領府青瓦台の国民請願サイトに投稿された「遮断政策に反対する」という内容の請願は、14日の午後3時現在で17万人以上が賛同しています。
このような不満の声を受けて、放送通信委員会は14日、 「『情報通信網法』などの法律に基づいた違法サイトの接続遮断は、インターネットを検閲したり表現の自由を侵害するものではない」としたうえで「盗聴や検閲とは無関係だ」と説明しています。

おすすめのコンテンツ