メニューへ 本文へ

社会

安重根追悼式 日本教師などに感謝状

Write: 2019-03-26 10:25:49Update: 2019-03-26 11:01:58

安重根追悼式 日本教師などに感謝状

Photo : YONHAP News

日本植民地時代の独立運動家で、中国のハルビンで初代韓国総監の伊藤博文を暗殺した、安重根(アン・ジュングン)義士殉国109周忌追悼式が26日に、ソウルの安重根義士記念館で開催されます。
国家報勲処によりますと、追悼式では、日頃から安重根の業績を紹介する活動を行ってきた3人に、表彰状が贈られ、そのなかには、日本人の鈴木仁さんも含まれています。中学校の教師だった鈴木さんは、授業を通じて、生徒らに安重根の「平和主義者」としての一面を知ってもらうことに取り組んできたということです。
安重根は、日本では一般的に「暗殺者」や「テロリスト」として認識されていますが、鈴木さんは1994年からほぼ毎年、追悼式に参加していて、2005年からは韓国に訪れる度に、韓国の生徒らに安重根について「東洋の平和のために伊藤博文を狙撃した平和論者」という内容の授業を行っています。
国家報勲処によりますと「鈴木さんは、日本国内で安重根義士に関する報道などの資料を集め、安重根義士記念館に提供したこともある」ということです。
追悼式には、鈴木さんのほかにも、佐賀県に「安重根義士の記念碑」を建立した山崎恵子さんなど、20人の日本人が参加します。

おすすめのコンテンツ