メニューへ 本文へ

政治

韓国外交部 中国担当局・対北制裁担当官を新設へ

Write: 2019-04-16 10:02:27

韓国外交部 中国担当局・対北制裁担当官を新設へ

Photo : YONHAP News

韓国の外交部は、中国の業務を担当する局と国連安全保障理事会の対北韓制裁の履行を担当する課を新設することがわかりました。
外交部の職制改正案によりますと、東北アジア局と南アジア太平洋局の2局体制だった対アジア外交組織は、日本・オーストラリア・インドなどを担当するアジア太平洋局、中国・モンゴルなどを担当する東北アジア局、ASEAN=東南アジア諸国連合加盟10か国を担当するASEAN局の3局体制に拡大します。
外交部の当局者は「懸案が山積する中国と日本の業務を分離することで、アメリカ・中国・日本・ロシアをそれぞれ異なる局で担当することになれば、対周辺4国の外交力量が強化されるだろう」と期待を示しました。
ASEAN局の新設は、政府が推し進めている「新南方政策」を実質的に後押しする外交インフラ構築の一環と見られています。
また、外交部は国連安保理の対北韓制裁の履行を担当していた制裁輸出統制チームを課に昇格させ、輸出統制・財政担当官を置くことに決めました。
改正案は、法制部門の審査や次官会議、国務会議などを経て、来月の初めに確定する見通しです。

おすすめのコンテンツ