メニューへ 本文へ

政治

統一部長官、米大使と面談 核問題解決に向け連携

Write: 2019-04-17 10:30:52Update: 2019-04-17 18:48:24

統一部長官、米大使と面談 核問題解決に向け連携

Photo : YONHAP News

金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官は、就任後初めてアメリカのハリー・ハリス駐韓大使と会談し、北韓の核問題の解決に向け、韓米が緊密に連携する必要があると述べました。
金長官は16日、政府ソウル庁舎で行われたハリス大使との会談で「今回の韓米首脳会談を通じて強い韓米同盟を再確認した」とし、「このような関係を通じて北韓の核問題の解決に向け、韓米が緊密に連携する必要がある」と話しました。
統一部によりますと、金長官は、4回目の南北首脳会談を実現させることで、米朝交渉への前向きなきっかけをつくりたいとの立場を示し、ハリス大使は理解と支持を表明したとのことです。
またハリス大使は、金長官の就任を祝い「これまでと同様に、就任後も引き続きアメリカ大使館への協力を期待する」と述べました。
金長官は17日午後には、韓国駐在の邱国洪(きゅう・こくこう)中国大使、同じく長嶺安政日本大使との会談が予定されています。

おすすめのコンテンツ