メニューへ 本文へ

経済

韓国銀行 ことしの成長率を2.5%に下方修正

Write: 2019-04-18 14:37:11Update: 2019-04-18 17:41:43

Photo : YONHAP News

韓国銀行は、韓国経済の成長が鈍化したとし、ことしの成長率の見通しを2.5%に下方修正しました。
韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は、18日、金融通貨委員会のあとの記者会見で、今年のGDP=国内総生産を1月の時点での2.6%の見通しから、0.1ポイント低い2.5%に修正したと明らかにしました。
去年11月の2.7%から、ことし1月に下方修正をしたのに続き、再び下方修正を繰り返すかたちとなりました。
消費と輸出の増加幅がいずれも落ち込むなど、景気の回復ぶりが予想よりも緩やかになったとの判断が背景にあります。
一方で、金利はまたも凍結となりました。去年11月に1.75%へと0.25ポイント上方修正して以来、5か月連続の凍結となっています。
金融通貨委員会は凍結の理由について、世界的に経済成長が弱まっているうえに、一部の国家の通貨変動が拡大し、イギリスのEU=欧州連合離脱に関連する不確実性も高まっているため、グローバル経済の流れを見守る必要があると説明しました。

おすすめのコンテンツ