メニューへ 本文へ

韓半島

北韓 ロシア・中国との協調を強化

Write: 2019-04-19 11:55:19

北韓 ロシア・中国との協調を強化

Photo : YONHAP News

北韓の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は、ロシア・中国との関係強化に向けた動きをみせており、これをテコに米朝交渉の進展をはかる狙いがあるものとみられています。
ロシア大統領府は18日、金委員長がプーチン大統領の招待で今月後半にロシアを訪問すると正式に発表しました。
2011年に当時の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長とメドベージェフ大統領との間で行われた会談以降、8年ぶりに行われる露朝首脳会談では、韓半島の非核化をめぐる共通認識を確認し、国際社会が進める北韓制裁のもとでも可能な経済協力の拡大などについて重点的に議論するものとみられます。
ロシアは、ことし1〜2月の2か月間、去年1年間の北韓への石油輸出量の3分の1を超える量を北韓に支援しているほか、北韓からの小麦粉支援要請を受け入れています。
金委員長のロシア訪問は、北韓に対し、追加の非核化措置の履行を求めるアメリカと、米中貿易戦争のなか北韓の支援には身動きが取りづらくなっている中国を同時にけん制する狙いがあるとみられています。
ただ、金委員長は、中国との関係についても神経を使っていて、朝鮮中央通信は19日、 金委員長の国務委員長再選を祝う習主席からの電報に対して金委員長が17日、返信を送り、中朝関係の重要性を強調したと伝えています。
北韓と中国・ロシアとの連携強化は、「対北韓制裁」を唯一のテコに交渉を続けてきたアメリカとしては、重荷になるものとみられています。
中国とロシアは、いずれも国連安全保障理事会の常任理事国で、段階的な非核化とその見返りとしての制裁緩和に向けた国際社会の世論づくりに両国が乗り出せば、アメリカは手を焼く可能性が高く、北韓の思惑がどこまで通用するか注目されます。

おすすめのコンテンツ