メニューへ 本文へ

国際

北韓 統一戦線部長の金英哲氏が交代

Write: 2019-04-25 10:47:09Update: 2019-04-25 19:07:31

Photo : YONHAP News

北韓で韓国やアメリカとの交渉を担当する統一戦線部の部長が、金英哲(キム・ヨンチョル)労働党副委員長から朝鮮アジア太平洋平和委員会のチャン・グムチョル委員に交代したと、韓国国会の情報委員会関係者が24日、明らかにしました。
チャン氏は50代後半で、民族和解協力汎国民協議会と朝鮮アジア太平洋平和委員会で民間交流関連の業務を担当した経歴があるということです。
韓国情報機関の国家情報院によりますと、金英哲副委員長は統一戦線部長からは外れたものの、労働党副委員長や政治局委員などの肩書きは維持されるため、失脚とはいい難いとしています。
一部では、統一戦線部長の交代は、アメリカに対する金正恩委員長のメッセージではないかとの見方も出ています。
韓国のある外交専門家は「ハノイ首脳会談決裂に対する最大の責任を問い、金英哲副委員長の影響力と権限を縮小させたものだ」としたうえで「強硬派の金氏から、民間交流関連の業務を担当してきた、若いチャン氏へと交代することで、北韓の韓国に対する態度も相対的に柔軟で実務的な方向へと変わる可能性が高い」との見通しを示しました。
アメリカ国務省の関係者は、現地時間の24日、北韓の統一戦前部長の交代について、「北韓と建設的な交渉を続ける準備は整っている」という立場を明らかにしました。

おすすめのコンテンツ