メニューへ 本文へ

韓半島

訪ロの金委員長 早めに帰国の途に

Write: 2019-04-26 14:51:16

訪ロの金委員長 早めに帰国の途に

Photo : YONHAP News

ロシア極東ウラジオストクを訪れている北韓の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は27日までとされていた滞在日程を1日前倒しして、26日、帰国の途に就いたもようです。
ロシアのタス通信は消息筋の話として、「金委員長は現地時間の26日午後3時に帰国の途に就く予定で、ウラジオストク駅で公式な送別式典が行われる」と報じました。
金委員長はプーチン大統領との首脳会談を行ったあと、ウラジオストク市内を視察し、27日、帰国すると伝えられていました。
第2次世界大戦戦没者の追悼施設への訪問は当初26日午前10時ごろ、行われると伝えられていましたが、一度取りやめたあと、予定より2時間近く遅れた正午ごろ、訪問して、花を手向けました。
金委員長が早めに帰国することについては、動線が知られ、警備上の困難が生じたためという見方が出ています。
一方で、プーチン大統領が中国で開かれる「一帯一路」の国際会議に出席するためウラジオストクを離れたなか、金委員長だけが長く滞在するのは適切でないと判断した可能性も出ています。

おすすめのコンテンツ