メニューへ 本文へ

スポーツ

大韓サッカー協会 2023年アジア杯誘致諦め 女子W杯に集中

Write: 2019-05-16 10:46:31

大韓サッカー協会 2023年アジア杯誘致諦め 女子W杯に集中

大韓サッカー協会は2023年に開催されるアジアカップの招致から撤退したことを明らかにし、同じ年に開かれる女子ワールドカップの招致に集中して取り組みことになりました。
協会は15日「AFC=アジアサッカー連盟に書面で2023年のアジアカップの招致から撤退すると表明した。同大会の開催地に立候補していた国内の自治体にもそう伝えた」と発表しました。
これによって2023年アジアカップの開催地に立候補している国は中国のみとなり、6月4日に開かれるAFCの臨時総会で正式に決まる予定です。
協会は「2023年には、アジアカップのほか女子ワールドカップも開催されるため、どちらか1つ選ぶ必要があった」としたうえで「世界のサッカー界の動向を多角的に検討したところ、女子ワールドカップの招致に的を絞って、集中的に取り組むことにした」と説明しました。
協会は当初、同じ年に開かれるアジアカップと女子ワールドカップを同時に招致する計画でしたが、効率を考え、アジアカップの招致を諦める代わりに女子ワールドカップの招致に専念することにしたとみられます。
また、協会は「女子ワールドカップは、北韓と共同で開催できるよう、FIFA(国際サッカー連盟)や政府からの支援を受けながら積極的に取り組んでいく考えだ」と付け加えました。

おすすめのコンテンツ