メニューへ 本文へ

社会

生計ともにすれば家族 国民の66.3%

Write: 2019-05-27 10:12:35

生計ともにすれば家族 国民の66.3%

Photo : YONHAP News

夫婦や血のつながりのある親、兄弟などではなくても、同じ家に住み、生計をともにする人は家族だと思う人が、全体の66.3%を占めていることがわかりました。
女性家族部は、家族の形について国民の認識の変化を調べるため、全国の19歳から79歳までの成人男女1009人を対象にアンケート調査を行いました。
その結果、婚姻や血縁関係のない他人であっても、同じ家に住みながら生計をともにする人は家族だと思う人は、全体の66.3%を占めました。
また、「離婚や再婚」について「容認できる」と答えた人が全体の86.7%に上ったほか、「生涯独身」については79.3%、「結婚していない男女の同棲」については67%の人が「容認できる」と答えたということです。
そのほか、「外国人との結婚」については、「容認できる」と答えた人が全体の89.2%に上りました。
一方、「結婚していないカップルが子どもを持つこと」について「容認できる」と答えた人は全体の50.6%だったほか、「未成年者の出産や育児」について「容認できる」と答えた人は29.5%にとどまりました。

おすすめのコンテンツ