メニューへ 本文へ

文化

BTSと所属事務所社長 米グラミー賞の投票権持つ会員に

Write: 2019-06-07 12:39:27

BTSと所属事務所社長 米グラミー賞の投票権持つ会員に

Photo : YONHAP News

韓国の7人組男性グループ、BTS=防弾少年団と所属事務所のパン・シヒョク社長が、グラミー賞の選考で投票権を持つレコーディング・アカデミー(The Recording Academy)の会員に選ばれました。
これはレコーディング・アカデミーが現地時間の6日、公式ホームページで発表したもので、それによりますと、今年の会員1340人のなかにBTSの7人のメンバーとパン社長が含まれていることが分かりました。
レコーディング・アカデミーは、1957年に設立された世界トップレベルのミュージシャン、プロデューサー、レコーディング・エンジニアなど音楽のプロフェッショナルらからなる団体で、1959年からグラミー賞を主催しています。
パン社長は、総括プロデューサー、ジャーナリスト、音楽大学教授、レーベルの関係者から選ばれるプロフェッショナル・メンバー(professional member)に、BTSはアメリカで販売されたレコードや音源のあるミュージシャンから選ばれる投票メンバー(voting member)に含まれました。
レコーディング・アカデミーの会員には、毎年グラミー賞の受賞者を決める投票権が与えられます。
BTSの7人のメンバーとパン社長は2020年のグラミー賞から投票に参加することになります。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >