メニューへ 本文へ

国際

ハンガリー遊覧船沈没事故 外交部「捜索のための体制維持」

Write: 2019-06-13 12:50:23Update: 2019-06-13 16:58:04

ハンガリー遊覧船沈没事故 外交部「捜索のための体制維持」

Photo : YONHAP News

外交部は12日、ハンガリーの首都ブダペストのドナウ川で韓国人観光客が乗った遊覧船が沈没した事故で、残る行方不明者の捜索と被害者家族の帰国を支援するため、中央災難安全対策本部の現在の捜索体制を当分維持する方針を明らかにしました。
外交部はこの日、中央災難安全対策本部の体制を現在のまま維持し、行方不明者の捜索に当たるとした一方、現地に派遣されている緊急救助隊の隊員の人数などについてはハンガリー側と協議し、現場の状況に合わせて適切に調整していくということです。
事故現場ではおととい、沈没した遊覧船の引き揚げ作業が行われ、船内から4人の遺体が新たに見つかりました。そのうち1人はハンガリー人の船長で、残り3人は韓国人であることが確認されました。
また、12日午後には、沈没現場から下流に110キロ離れた場所で韓国人1人の遺体がさらに見つかりました。これで遊覧船に乗っていた韓国人33人のうち、救助された人は7人、身元が確認された韓国人の死亡者は23人、行方不明者は3人となりました。

おすすめのコンテンツ