メニューへ 本文へ

政治

文大統領「6月末のトランプ訪韓前の南北首脳会談が望ましい」

Write: 2019-06-13 10:52:00Update: 2019-06-13 14:30:37

文大統領「6月末のトランプ訪韓前の南北首脳会談が望ましい」

Photo : YONHAP News

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は現地時間の12日、アメリカのトランプ大統領と北韓の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長による米朝首脳会談の早期の開催を呼び掛け、6月末に予定されているトランプ大統領の韓国訪問の前に南北首脳会談を行うべきとの立場を明らかにしました。
ノルウェーを国賓訪問している文大統領は、この日、オスロ大学で開かれた「オスロ・フォーラム」で基調演説を行ったあとの質疑で、「数週間以内に金委員長と会談する可能性はあるか」と聞かれたのに対し「私は金委員長といつでも会う準備ができている。結局のところ、われわれが会うかどうか、いつ会うかを決めるのは金委員長だ」と述べました。
文大統領はまた、金委員長がトランプ大統領に親書を送ったことや、故金大中(キム・デジュン)元大統領夫人の李姫鎬(イ・ヒホ)氏の葬儀に弔電と供花を送ったことを受けて、金委員長に南北首脳会談や米朝首脳会談に場に復帰することを求めるメッセージを出したことを明らかにしました。
文大統領は「トランプ大統領が6月末に訪韓する予定だが、できればその前に金委員長と会うのが望ましい。ただ、それも金委員長の選択次第だ」と話しました。 

おすすめのコンテンツ